中国留学情報

中央戯劇学院

基本情報 留学生 授業とクラス カリキュラム 留学生寮 周辺施設 募集要項 写真 コメント
中央戯劇学院の写真

この大学のポイント

中央戯劇学院の基本情報

住所
東城区東綿花胡同39号
校内位置
事務所名
国際文化交流培訓中心
業務時間
立地特性
内陸/大都市/中心部
語学留学生のキャンパス
本キャンパス
語学留学生部門の規模
小規模校
留学生受入れ開始
空港出迎え(指定期間)
120元
空港出迎え(指定期間外)
120元
出迎えをする空港
北京首都空港
直行便がある日本の都市
東京、大阪、名古屋、旭川、札幌、函館、仙台、広島、福岡、那覇

最終更新日:2006年12月22日

中央戯劇学院の地図

留学生の内訳

日本及び上位出身国の学生数

日本
31人
韓国
13人
モンゴル
2人
フランス
2人
スウェーデン
2人
語学留学生の総数
60人

留学生の出身地比率

東アジア
90%
東南アジア
西アジア
ヨーロッパ
10%
アフリカ
北米
中南米
オセアニア

年齢構成

30歳以下
85%
31~40歳
5%
41~60歳
61歳以上
若干

2006年秋学期実績

授業とクラス

授業時間など

1クラス平均人数
15.0人
レベル分け
4段階
1コマ時間数
50分
週あたり授業コマ数
20コマ
日本語学科の有無
なし

クラス数

一斑
1
二班
1
三班
1
四班
1

クラス数

一斑
1
二班
1
三班
1
四班
1

2006年秋学期実績

カリキュラム

一斑
総合
8
口語
4
聴力
4
発音矯正
4
二班
総合
8
口語
4
聴力
2
HSK聴力
2
発音矯正
4
三班
総合
8
口語
4
聴力
2
HSK聴力
2
閲読作文
2
新聞講読
2
四班
総合
6
口語
4
聴力
2
HSK聴力
2
閲読作文
2
新聞講読
2
中国文化
2

※「数」は1週間の授業コマ数

2006年秋学期実績

選択科目

過去の開講例
漢字、太極拳、演技訓練、京劇の隈取

最終更新日:2006年12月22日

留学生寮

寮費と諸費用

1人部屋
120元/日
2人部屋1人
96元/日
2人部屋2人
48元/日
保証金
なし
水道
無料
電気
無料
ネット
実費
初回支払
1学期分

寮の設備

机・椅子
クローゼット
テレビ
電話
エアコン
トイレ
有 #1
シャワー
有 #1
バスタブ
なし
コンロ
共用
電子レンジ
冷蔵庫
共用
洗濯機
共用

その他

学外での居住

※ 寮費は長期割引料金  #1 2人部屋は共用

最終更新日:2006年12月22日

周辺施設(直線距離)

銀行
0.6km
ATM
0.1km
郵便局
0.2km
スターバックス
0.4km
マクドナルド
0.8km
KFC
0.5km
大型スーパー
0.7km
地下鉄最寄り駅
0.3km

最終更新日:2015年12月30日

留学募集要項

入学条件

学歴条件
高卒以上
その他条件
健康である者

費用

1学期
1学年
申請料
420元
420元
授業料
11,360元
22,720元
1学期
1学年
教材費
実費
実費
その他
なし
なし

募集日程

年度・学期
07年春学期
申請締切り
01月12日
入学手続き
03月03~05日
授業開始
03月05日
中間テスト
05月中旬
期末テスト
06月下旬
終了
06月下旬
年度・学期
07年秋学期
申請締切り
07月13日
入学手続き
09月08~10日
授業開始
09月10日
中間テスト
11月上旬
期末テスト
12月下旬
終了
01月04日
海外保険

提出資料

入学申請書
パスポートコピー
卒業証明書
在学証明書
成績証明書
履歴書
健康診断書
その他
#1

#1 身元保証書、身元保証人のパスポートコピー

最終更新日:2006年12月22日

中央戯劇学院の写真

中央戯劇学院について

「戯劇」という文字を見ると我々日本人は中国という先入観からどうしても京劇をイメージしてしまう。しかし学校名の英訳「Academyof Drama」が表す通り、映画、テレビ、ラジオの出演者及び各種演出者を養成する大学である。

このことからこの大学は中国語の正しい発音の指導に対するノウハウを持っている。隠れた特徴である。これを活かして初級の2クラスでは毎週4コマ発音矯正の授業が開設されている。午後の選択科目ではなく正規科目に発音矯正を取り入れている大学は少なく、しかも毎週4コマというのはほとんどない。

戯劇大学なので当然学内に劇場が備えられており、学生が行う戯劇を留学生も楽しむことができるのはこの種の大学だけに許された特権だろう。

授業面とは別になるがこの大学の立地に触れておきたい。北京の大学は他の大都市同様、ほとんどが海淀区などの郊外に移転している。そうした中でこの大学は唯一北京の旧市街に残っている。大学の住所「東綿花胡同」が示す通り、大学の近辺は小さな路地(胡同)の両側に四合院(清代中国の住居建築様式)が立ち並ぶ昔ながらの佇まいを残している。その多くで今もなお人々が暮らしている。

一部は外国人観光者向けにカフェやアトリエに改築されているが、かといって観光客が大挙して押しかけているというわけでもない。取材したのは金曜の昼だったが、私が付近を歩いている間、観光客は一人もいなかった。

北京も都市開発が進み、このような旧市街は年々取り壊しが進んでいると聞く。古い落ち着いた町並みの中で留学生活を送れる大学は北京市内ではもはやここしか残されていないだろう。

最終更新日:2006年12月22日

留学お手続き代行

中国語が話せない、手続きの仕方がよく分からない、大学に連絡が取れないといった方のために、「中国留学情報」では留学お手続きの代行を行っております。お手続きの流れ、費用についてはこちらのページをご参照ください。お手続きのお申込み、この大学についてのご質問などは下記メールフォームからお気軽にご連絡ください。

ご質問・お問合せ

中国留学や大学についてのご質問、留学お手続きのお申込みなど、下記メールフォームからお気軽にお問合せください。土日祝日も含め24時間いつでもご送信いただけます!

ご本名
ご職業
中国語レベル
中国語学習歴
メールアドレス
お問合せ内容

※うまく送信できない場合はメールアドレス「lianxi@liuxue998.com」からご連絡ください。

大学を選ぶ

留学手続きサポート