中国留学情報

湖北民族学院

基本情報 留学生 授業とクラス カリキュラム 留学生寮 周辺施設 募集要項 写真 コメント
湖北民族学院の写真

この大学のポイント

湖北民族学院の基本情報

住所
恩施市学院路39号
校内位置
行政楼501室
事務所名
国際合作与交流処
業務時間
08:00-11:30
14:00-17:30
立地特性
内陸/小都市/中心部周辺
語学留学生のキャンパス
本キャンパス
語学留学生部門の規模
超小規模校
留学生受入れ開始
2002年
空港出迎え(指定期間)
無料
空港出迎え(指定期間外)
無料
出迎えをする空港
恩施空港
直行便がある日本の都市
なし

最終更新日:2009年12月02日

湖北民族学院の地図

留学生の内訳

日本及び上位出身国の学生数

日本
0人
語学留学生の総数
0人

留学生の出身地比率

東アジア
東南アジア
西アジア
ヨーロッパ
アフリカ
北米
中南米
オセアニア

年齢構成

30歳以下
31~40歳
41~60歳
61歳以上

2009年秋学期実績

授業とクラス

授業時間など

1クラス平均人数
レベル分け
1コマ時間数
45分
週あたり授業コマ数
20コマ
日本語学科の有無
有(同キャンパス)

クラス数

クラス数

2009年秋学期実績

カリキュラム

語言生不在

※「数」は1週間の授業コマ数

2009年秋学期実績

選択科目

過去の開講例
なし

最終更新日:2009年12月02日

留学生寮

寮費と諸費用

1人部屋
3,500元/学期
保証金
500元
水道
無料
電気
無料
ネット
30元/月
初回支払
1学期分

寮の設備

机・椅子
クローゼット
テレビ
電話
エアコン
トイレ
シャワー
バスタブ
なし
コンロ
電子レンジ
一部有
冷蔵庫
洗濯機

その他

学外での居住
不可

※ 寮費は長期割引料金

最終更新日:2009年12月02日

周辺施設(直線距離)

銀行
1.9km
ATM
校内
郵便局
0.7km
スターバックス
なし
マクドナルド
なし
KFC
1.9km
大型スーパー
0.3km
地下鉄最寄り駅
なし

最終更新日:2016年01月12日

留学募集要項

入学条件

学歴条件
なし
その他条件
健康である者

費用

1学期
1学年
申請料
350元
350元
授業料
5,250元
10,500元
1学期
1学年
教材費
実費
実費
その他
なし
なし

募集日程

年度・学期
10年春学期
申請締切り
01月中旬
入学手続き
02月下旬
授業開始
03月01日
中間テスト
05月中旬
期末テスト
07月上旬
終了
07月上旬
年度・学期
10年秋学期
申請締切り
07月中旬
入学手続き
08月下旬
授業開始
09月上旬
中間テスト
11月上旬
期末テスト
01月上旬
終了
01月上旬
海外保険
加入義務なし

提出資料

入学申請書
パスポートコピー
卒業証明書
在学証明書
成績証明書
履歴書
健康診断書
その他

最終更新日:2009年12月02日

湖北民族学院の写真

以上撮影日:2009年12月02日

湖北民族学院について

武漢から飛行機で1時間の湖北省西部に位置し、重慶市に隣接する恩施土家族苗族自治州の中心都市である恩施市にある大学。前身は師範系専門学校であり、10年ほど前に同じく恩施市にある医科大学と統合し現在に至る。

ここ数年は一貫して留学生が在籍していない。したがって留学すればかなりの確率で学内で唯一の留学生となり、毎日がマンツーマンレッスンになる。また、学内に日本人4人、アメリカ人6人の外国語等の教師がいるほかは市内に外国人はいないとのこと。中国語漬けの日々が過ごせるだろう。

同じキャンパス内に外国語学部日本語学科で学ぶ学生が数百人いるので、互相学習相手の確保にも困らない。

また、学費、寮費を含めたコストが非常に安い。1人部屋で1学期3,500元というのは中国全土でも有数の安さ。さらに1人部屋はリビング、寝室にキッチンがついたタイプで、本来は外国人教師向けのものである。この住環境でこの安さはまずありえない。

その反面、地元住民の訛りはかなりきつい。中国語の教師は標準的な普通話を使うだろうが、街中では若者でもかなり訛った普通話でやり取りしている。また、日本からの往来もかなり不便。もちろん、行きと帰り2度だけのことではあるが。

民族自治州であり、もちろん多くの少数民族が住んでいるのだが、恩施中心部はかなり漢化が進んでいるため、民族衣装を着て歩いている人などはいない。民族色豊かであることを期待して行っても、それが市内で満たされることはない。

しかし、中心部からバスで1時間ほど郊外に行くと、民族色豊かな状態になるとのこと。また、同じ恩施自治州の土族でも住む町が変わると風俗も変わるとのこと。学校の休みなどを使ってそういった面を楽しむことも可能だろう。ちなみに留学生部門の責任者自身も土家族である。

標準的な普通話が話されていて、ごくごく普通の留学生活を送りたいという留学希望者にはまったくおすすめしない。逆に、毎日マンツーマンで勉強したい、とにかくコストを下げたい、少数民族に強い興味があるなど、明確な目的意識があるのならば、僻地であること、訛りがあることなどを了解した上で、留学先として検討してみても良いのではないか。

最終更新日:2009年12月03日

留学お手続き代行

中国語が話せない、手続きの仕方がよく分からない、大学に連絡が取れないといった方のために、「中国留学情報」では留学お手続きの代行を行っております。お手続きの流れ、費用についてはこちらのページをご参照ください。お手続きのお申込み、この大学についてのご質問などは下記メールフォームからお気軽にご連絡ください。

ご質問・お問合せ

中国留学や大学についてのご質問、留学お手続きのお申込みなど、下記メールフォームからお気軽にお問合せください。土日祝日も含め24時間いつでもご送信いただけます!

ご本名
ご職業
中国語レベル
中国語学習歴
メールアドレス
お問合せ内容

※うまく送信できない場合はメールアドレス「lianxi@liuxue998.com」からご連絡ください。

大学を選ぶ

留学手続きサポート