中国留学情報

欽州学院

基本情報 留学生 授業とクラス カリキュラム 留学生寮 周辺施設 募集要項 写真 コメント
欽州学院の写真

この大学のポイント

欽州学院の基本情報

住所
欽州市西環南路89号
校内位置
行政弁公楼1階
事務所名
国際交流処
業務時間
07:40-11:40
14:30-17:30
立地特性
沿海/中都市/郊外
語学留学生のキャンパス
本キャンパス
語学留学生部門の規模
小規模校
留学生受入れ開始
2007年
空港出迎え(指定期間)
500元
空港出迎え(指定期間外)
500元
出迎えをする空港
南寧空港
直行便がある日本の都市
大阪、静岡

最終更新日:2011年11月09日

欽州学院の地図

留学生の内訳

日本及び上位出身国の学生数

日本
0人
タイ
29人
語学留学生の総数
30人

留学生の出身地比率

東アジア
東南アジア
100%
西アジア
ヨーロッパ
アフリカ
北米
中南米
オセアニア

年齢構成

30歳以下
100%
31~40歳
41~60歳
61歳以上

2011年秋学期実績

授業とクラス

授業時間など

1クラス平均人数
15.0人
レベル分け
2段階
1コマ時間数
40分
週あたり授業コマ数
21~22コマ
日本語学科の有無
なし(第2外国語は有)

クラス数

中級一
1
中級二
1

クラス数

中級一
1
中級二
1

2011年秋学期実績

カリキュラム

中級一
経済地理
3
新聞講読
3
HSK
2
パソコン
3
古代漢語
5
現代経済
3
作文
3
中級二
酒店漢語
3
文法
3
翻訳
2
新聞講読
3
パソコン
3
習語俗語
3

※「数」は1週間の授業コマ数

2011年秋学期実績

選択科目

過去の開講例
書道

最終更新日:2010年11月23日

留学生寮

寮費と諸費用

4人部屋4人
250元/月
保証金
200元
水道
#1
電気
#1
ネット
40元/月
初回支払
1学期分

寮の設備

机・椅子
クローゼット
テレビ
なし
電話
なし
エアコン
なし
トイレ
シャワー
バスタブ
なし
コンロ
なし
電子レンジ
なし
冷蔵庫
なし
洗濯機
なし

その他

学外での居住
不可

※ 寮費は長期割引料金  #1 毎月一定度数まで無料

最終更新日:2010年11月23日

周辺施設(直線距離)

銀行
2.4km
ATM
2.4km
郵便局
校門前
スターバックス
なし
マクドナルド
3.7km
KFC
3.7km
大型スーパー
3.5km
地下鉄最寄り駅
なし

最終更新日:2016年01月12日

留学募集要項

入学条件

学歴条件
なし
その他条件
健康である者

費用

1学期
1学年
申請料
300元
300元
授業料
4,000元
8,000元
1学期
1学年
教材費
実費
実費
その他
なし
なし

募集日程

年度・学期
12年春学期
申請締切り
12月31日
入学手続き
03月01~04日
授業開始
03月08日
中間テスト
05月中旬
期末テスト
07月上旬
終了
07月上旬
年度・学期
12年秋学期
申請締切り
06月30日
入学手続き
08月30日-09月02日
授業開始
09月06日
中間テスト
11月上旬
期末テスト
01月上旬
終了
01月上旬
海外保険
加入義務なし

提出資料

入学申請書
パスポートコピー
卒業証明書
在学証明書
成績証明書
履歴書
健康診断書
その他

最終更新日:2011年11月09日

欽州学院の写真

以上撮影日:2010年11月23日

欽州学院について

広西自治区南部の欽州市にある師範学校を前身とする総合大学。自治区首府の南寧市からは高速バスで2時間弱。街の中心部は車で10分もあれば走り抜けてしまえるような規模である。南シナ海に近い南国で、気温は真冬でも5度程度までしか下がらない。取材時は11月下旬であったが、半袖姿の市民も見かけるほどであった。

1973年に3年制の師範学校として創設されたのち、2006年に4年制総合大学となった。現在では学科の半数弱が理工系である。学生数は1万1千人であるが、3割ほどの学生は市内の別キャンパスにいる。このため、留学生が学ぶ本部キャンパスは非常にこじんまりとしている。

学生の大半は広西自治区出身で、農村から出てきた学生が多い。学生同士の会話は広東語ベースの広西方言が主である。普通話はもちろん話せる。

留学生の受入れは2007年に開始した。一時ベトナムからの留学生が在籍した時期もあったが、現在ではタイの提携大学の中国文学専攻の学生が毎学期10人前後在籍するのみである。日本人は過去に在籍したことはない。

タイからの学生は主に中級レベルであり、中国語以外に中国経済なども含んだ専用のカリキュラムを組んでいる。初級または高級レベルの学生が来た場合は、別途クラスを設けるとのこと。また、中級レベルの学生が来た場合は、中国語など共通科目は同じクラスで受講し、それ以外は別扱いで授業を行うとのこと。

ただし、語言留学生の場合、学費は1学期5,000元、1年8,000元で、授業数は週16コマとなる。平均的な20コマに換算した場合、それぞれ6,250元、10,000元となるので、全国平均と比較すれば割安である。

外国語学部はあるが日本語学科はない。外国語学部の学生の多くが第二外国語で日本語を選択しているほか、対外漢語専業(外国人向け中国語教員養成課程)もあり、さらに市内に日本人がいないため興味本位で集まってくる学生も期待できるので、互相相手の確保に不自由することはないだろう。

留学生寮は上がベッド、下が机の2段ベッドのようなものが4つ並ぶ4人部屋だけである。小さな扇風機があるだけでエアコンはない。大学側は猛暑は夏休みの時期だけと言っているが、1年を通して湿度が80%前後であり、緯度的にもベトナム北部と変わらないような地域である。日本人としては初春から晩秋にかけてはそれなりの暑さを覚悟した方が良い。

その分、寮費は月額250元と極端に安い。学費の安さ、地方都市ゆえの物価の安さなどもあり、できるだけ低コストで留学したいという向きには良いだろう。

寮ではタイからの留学生と同室になる。彼らは主に20歳前後であるため、30歳前後以上の社会人留学生の場合、人によっては距離の取り方に苦労するかもしれない。あくまでも人によるが。

大学は市の西郊にあるが、中心部まではバスで10分ほどである。市内には大型のスーパーが3件あり、一通りのものが手に入る。日本料理店は市内になく、日本の食材も売られていない。地方都市への留学で日本並みを求めること自体に無理があり、どうしても食べたければ週末に南寧まで出ればよい話。

いわゆる田舎の小規模校で、タイ人学生と同じ科目を除くと少人数クラスで、特に初級、高級クラスはかなりの確率でマンツーマンとなる。日本人が1人もいない環境で、中国人学生との交流もしやすい。

エアコンがないなど不便な面もあるにはあるが、その代わりコストは大幅に抑えられる。少人数クラスで且つ中国語以外に使いようがない生活で、実戦的な聴力、会話力を短期間に身に付ける環境としてはかなり恵まれていると言えるのではないか。

最終更新日:2010年11月26日

留学お手続き代行

中国語が話せない、手続きの仕方がよく分からない、大学に連絡が取れないといった方のために、「中国留学情報」では留学お手続きの代行を行っております。お手続きの流れ、費用についてはこちらのページをご参照ください。お手続きのお申込み、この大学についてのご質問などは下記メールフォームからお気軽にご連絡ください。

ご質問・お問合せ

中国留学や大学についてのご質問、留学お手続きのお申込みなど、下記メールフォームからお気軽にお問合せください。土日祝日も含め24時間いつでもご送信いただけます!

ご本名
ご職業
中国語レベル
中国語学習歴
メールアドレス
お問合せ内容

※うまく送信できない場合はメールアドレス「lianxi@liuxue998.com」からご連絡ください。

大学を選ぶ

留学手続きサポート