中国留学情報

四川師範大学

基本情報 留学生 授業とクラス カリキュラム 留学生寮 周辺施設 募集要項 写真 コメント
四川師範大学の写真

この大学のポイント

四川師範大学の基本情報

住所
成都市静安路5号
校内位置
嚶鳴園
事務所名
国際教育交流中心 
業務時間
09:00-12:00
14:00-17:00
立地特性
内陸/大都市/郊外
語学留学生のキャンパス
本キャンパス
語学留学生部門の規模
小規模校
留学生受入れ開始
1980年
空港出迎え(指定期間)
無料
空港出迎え(指定期間外)
無料
出迎えをする空港
成都空港
直行便がある日本の都市
東京、大阪、広島、福岡

最終更新日:2009年05月19日

四川師範大学の地図

留学生の内訳

日本及び上位出身国の学生数

日本
3人
韓国
11人
アメリカ
8人
フランス
3人
ベトナム
1人
ウズベキスタン
1人
語学留学生の総数
29人

留学生の出身地比率

東アジア
50%
東南アジア
5%
西アジア
5%
ヨーロッパ
15%
アフリカ
北米
25%
中南米
オセアニア

年齢構成

30歳以下
50%
31~40歳
25%
41~60歳
25%
61歳以上

2009年春学期実績

授業とクラス

授業時間など

1クラス平均人数
4.1人
レベル分け
7段階
1コマ時間数
45分
週あたり授業コマ数
15~20コマ
日本語学科の有無
なし(第2外国語は有)

クラス数

初級1
1
初級2
1
初級3
1
中級
1
高級
1
口語1
1
口語2
1

クラス数

初級1
1
初級2
1
初級3
1
中級
1
高級
1
口語1
1
口語2
1

2009年春学期実績

カリキュラム

初級1
総合
9
聴力
6
一対一
5
初級2
総合
15
一対一
5
初級3
総合
9
聴力
6
一対一
5
中級
総合
9
聴力
6
一対一
5
高級
総合
9
口語
6
一対一
5
口語1
口語
12
一対一
5
口語2
口語
12
一対一
5

※「数」は1週間の授業コマ数

2009年春学期実績

選択科目

過去の開講例
中国社会文化、HSK補講

最終更新日:2008年03月12日

留学生寮

寮費と諸費用

2人部屋1人
40元/日
2人部屋2人
20元/日
保証金
1,200元
水道
無料
電気
実費
ネット
無料
初回支払

寮の設備

机・椅子
クローゼット
テレビ
電話
エアコン
トイレ
シャワー
バスタブ
なし
コンロ
なし
電子レンジ
なし
冷蔵庫
洗濯機
共用

その他

学外での居住

※ 寮費は長期割引料金

最終更新日:2009年05月19日

周辺施設(直線距離)

銀行
校内
ATM
校内
郵便局
校内
スターバックス
2.6km
マクドナルド
2.6km
KFC
0.5km
大型スーパー
2.6km
地下鉄最寄り駅
2.2km

最終更新日:2016年01月18日

留学募集要項

入学条件

学歴条件
なし
その他条件
健康である者

費用

1学期
1学年
申請料
410元
410元
授業料
7,440元
14,050元
1学期
1学年
教材費
実費
実費
その他
なし
なし

募集日程

年度・学期
09年秋学期
申請締切り
08月07日
入学手続き
09月01~04日
授業開始
09月07日
中間テスト
なし
期末テスト
なし
終了
12月31日
年度・学期
10年春学期
申請締切り
入学手続き
授業開始
未定
中間テスト
なし
期末テスト
なし
終了
未定
海外保険
日本または中国の保険が必要

提出資料

入学申請書
パスポートコピー
卒業証明書
在学証明書
成績証明書
履歴書
健康診断書
その他

最終更新日:2009年05月19日

四川師範大学の写真

以上撮影日:2009年05月14日

四川師範大学について

成都市南部にある師範系大学。中国の大学はどこも緑が豊富だが、ここは特に木々に囲まれて美しい。

授業開始日は決まってはいるが、1年間いつでも入学できる。授業料も1週間刻みで決まっているので、時間に融通が利かない留学希望者も門をたたくことができる。

この大学のカリキュラム自体に特に目立ったものはない。テキストは北京語言の漢語教程シリーズ1本で、科目も文法と聴力、一部クラスに閲読があるだけ。作文や新聞講読など多彩な科目を望むことはできない。一言でいうと、平凡なカリキュラムだ。

その平凡さを打ち消してあまりあるのが、この大学独自の「3+1」と呼ばれる教育システムである。「3」は毎日4コマのうちの3コマをクラスでの集合教育で行うことを表す。そして「1」は毎日1コマのマンツーマンレッスンを表している。

3コマの授業は毎日午前にクラスで行われる普通の授業だが、これが終わったあと、主に午後に毎日マンツーマンレッスンを受けられるのだ。レッスンの相手は主に中国語の教師とこの大学の大学院生が受け持つ。マンツーマンで会話の練習を行う以外にも、授業で分からなかったことを聞いたり、発音矯正をしてもらったりもできる。

大学院生はもちろんプロの教師ではないが、近い年齢の相手と会話を楽しみながら学ぶこともできるし、この大学は師範大学で対外漢語専業(中国語教師を育てる学科)があるので、将来の中国語教師のタマゴと発音矯正をすることもできる。

さらに、この大学も他の大学同様、「師範大学」と名乗ってはいるものの実態は総合大学なので、例えば経済に興味があるので経済学部の学生を相手にしたいなどのリクエストにも柔軟に対応してもらえる。

会話の練習といえば「互相学習」を思いつく人が多いと思う。確かに互相で中国人学生と会話の練習をすることは可能だが、現実問題として中国に留学に来て月曜から金曜まで毎日互相をしている留学生がどれくらいいるかご存知だろうか? 実は皆無に等しい。大きな大学になればなるほど互相の相手を確保できにくくなるし、仮に確保できても毎日相手のスケジュールを押さえることは簡単ではない。

この大学では教室での授業を1コマ削る代わりに、毎日強制的にマンツーマンで会話の練習ができるように仕向けている。このような大学は私の知る限り中国でここ一校だけである。

都市部の大学で教師にマンツーマンを頼むと、1時間100元前後取られることもある。それを毎日頼めるというのは、かなりお買い得感がある。

前述したとおり、マンツーマンレッスン以外は特筆すべき点がないごくごく普通のカリキュラムである。しかし、この毎日行われるマンツーマンレッスンこそ、中国の内陸にあるこの大学を選ぶポイントとなり得るだろう。

2008年春学期は留学生数が約10人増えたが、クラスを1つ増やしたため、1クラスの平均人数は約10人と依然として少ない水準に抑えられている。レベル数も8段階と非常に多い。なお、「実用班」は会話に重点を置いた、主に欧米人を対象としたクラス。

日本人留学生が5人に増えたが、比率的にみれば全体の10%に満たない。どうしても日本人が1人もいない大学が良いというなら別だが、このレベルであれば日本人が少ないと見なせる。

留学生寮の収容人数が75人に対して、留学生総数が約80人なのだが、学外に部屋を借りている学生も多いためまだ余裕がある。取材時点でも1人部屋にまだ空室があった。9月からはさらに留学生寮を増やす予定で、間に合うか否かに心配は残るが、入学手続に遅れてこない限り、かなりの確率で1人部屋を確保できるだろう。

マンツーマンレッスンの最大の問題点は、時が経つにつれて話す話題がなくなってくることである。これについては、まずは話題を用意するなり、発音矯正など課題を設定するなりの努力が本人に求められることはいうまでもない。ただ、それでもマンネリ化してくる可能性は否めない。取材時にその危険性を指摘し、対策を要望したところ、マンツーマンで使う教材を準備したり、途中で教師を入替えるなどの方策を検討するとのこと。今後のさらなる改善を期待したい。

この大学には外国語学部日本語学科がない。この点はマンツーマンレッスン以外に互相相手を確保したい場合にネックになるのだが、この点については希望する学生には留学生部が責任を持って互相相手を紹介するとしている。実際、今学期から入った日本人留学生には、全員に到着初日から互相相手が紹介されている。

唯一のマイナスポイントは韓国人の比率が高いこと。韓国人に限らず特定の国籍の学生の比率が高まると、例えば10人のクラスの中で、韓国人8人、日本人、フランス人各1人となり、授業中に韓国語が耳に入るという状態になりかねない。

ただ、すべての面で完璧な留学先というものは現実には限りなくゼロに近いわけであり、この大学の他のメリットを踏まえたときには妥協できるポイントといって良いのではないだろうか。

1年留学の学費が従来は14,880元であったが、14,050元に割引措置が取られた。

2009年春学期は通貨下落の影響で韓国人留学生が激減した。しかし、クラス数は7クラスを維持したため、1クラス人数は約4人となった。レベル数も多いので、留学するのに良い環境である。今が狙い目。

2009年秋学期から外国語学部に日本語学科が開設されることになった。今までは互相相手を見つけるのが大変だったが、この問題が解決される。別キャンパスになるが、バスで20分ほどの距離。

最終更新日:2009年05月13日

留学お手続き代行

中国語が話せない、手続きの仕方がよく分からない、大学に連絡が取れないといった方のために、「中国留学情報」では留学お手続きの代行を行っております。お手続きの流れ、費用についてはこちらのページをご参照ください。お手続きのお申込み、この大学についてのご質問などは下記メールフォームからお気軽にご連絡ください。

ご質問・お問合せ

中国留学や大学についてのご質問、留学お手続きのお申込みなど、下記メールフォームからお気軽にお問合せください。土日祝日も含め24時間いつでもご送信いただけます!

ご本名
ご職業
中国語レベル
中国語学習歴
メールアドレス
お問合せ内容

※うまく送信できない場合はメールアドレス「lianxi@liuxue998.com」からご連絡ください。

大学を選ぶ

留学手続きサポート