中国留学情報

昆明理工大学

基本情報 留学生 授業とクラス カリキュラム 留学生寮 周辺施設 募集要項 写真 コメント
昆明理工大学の写真

この大学のポイント

昆明理工大学の基本情報

住所
昆明市一二一大街文昌路68号
校内位置
4号楼204室
事務所名
留学生招生及管理弁公室
業務時間
08:30-12:00
14:30-18:00
立地特性
内陸/大都市/中心部周辺
語学留学生のキャンパス
旧キャンパス
語学留学生部門の規模
小規模校
留学生受入れ開始
1989年
空港出迎え(指定期間)
100元
空港出迎え(指定期間外)
100元
出迎えをする空港
昆明空港
直行便がある日本の都市
大阪、名古屋

最終更新日:2010年04月13日

昆明理工大学の地図

留学生の内訳

日本及び上位出身国の学生数

日本
2人
韓国
17人
アメリカ
9人
ブラジル
9人
タイ
7人
ベトナム
7人
語学留学生の総数
75人

留学生の出身地比率

東アジア
25%
東南アジア
30%
西アジア
若干
ヨーロッパ
15%
アフリカ
若干
北米
10%
中南米
15%
オセアニア
若干

年齢構成

30歳以下
55%
31~40歳
20%
41~60歳
20%
61歳以上
5%

2010年春学期実績

授業とクラス

授業時間など

1クラス平均人数
レベル分け
段階
1コマ時間数
50分
週あたり授業コマ数
10~16コマ
日本語学科の有無
なし(第2外国語は有)

クラス数

零起点
1
初級IA
1
初級IB
1
中級I
1
中級II
1
初級A
1
中級A
1
中級B
1
中級A
1
中級B
1
初級A
1
初級B
1
初級C
1

クラス数

零起点
1
初級IA
1
初級IB
1
中級I
1
中級II
1
初級A
1
中級A
1
中級B
1
中級A
1
中級B
1
初級A
1
初級B
1
初級C
1

2010年春学期実績

カリキュラム

零起点
総合
8
口語
4
聴力
4
初級IA
総合
6
口語
4
聴力
4
初級IB
総合
6
口語
4
聴力
4
中級I
総合
4
口語
4
聴力
2
閲読作文
4
中級II
総合
4
口語
4
聴力
2
閲読作文
4
初級A
総合
8
聴力
2
中級A
総合
4
口語
4
聴力
2
中級B
文法
10
中級A
総合
6
口語
2
古代漢語
2
中級B
総合
6
口語
2
閲読
2
初級A
総合
6
口語
2
聴力
2
初級B
総合
6
口語
2
聴力
2
初級C
総合
6
口語
2
聴力
2

※「数」は1週間の授業コマ数

2010年春学期実績

選択科目

過去の開講例
太極拳、中国絵画

最終更新日:2008年12月09日

留学生寮

寮費と諸費用

4人部屋4人
700元/学期
保証金
なし
水道
実費
電気
実費
ネット
60元/月
初回支払
1学期分

寮の設備

机・椅子
クローゼット
テレビ
なし
電話
エアコン
なし
トイレ
シャワー
バスタブ
なし
コンロ
なし
電子レンジ
なし
冷蔵庫
なし
洗濯機
なし

その他

学外での居住

※ 寮費は長期割引料金

最終更新日:2010年04月13日

周辺施設(直線距離)

銀行
0.4km
ATM
校内
郵便局
0.6km
スターバックス
1.9km
マクドナルド
0.8km
KFC
0.8km
大型スーパー
1.6km
地下鉄最寄り駅
2.3km

最終更新日:2016年01月18日

留学募集要項

入学条件

学歴条件
なし
その他条件
健康である者

費用

1学期
1学年
申請料
240元
240元
授業料
5,300元
10,600元
1学期
1学年
教材費
実費
実費
その他
なし
なし

募集日程

年度・学期
10年秋学期
申請締切り
07月20日
入学手続き
08月31日-09月03日
授業開始
09月06日
中間テスト
11月上旬
期末テスト
01月上旬
終了
01月上旬
年度・学期
11年春学期
申請締切り
12月20日
入学手続き
02月27~28日
授業開始
03月01日
中間テスト
04月下旬
期末テスト
06月下旬
終了
06月下旬
海外保険
中国の保険が学費込み

提出資料

入学申請書
パスポートコピー
卒業証明書
在学証明書
成績証明書
履歴書
健康診断書
その他

最終更新日:2010年04月13日

昆明理工大学の写真

昆明理工大学について

昆明は春都と呼ばれ、1年を通して気候が温暖である。取材時は5月下旬であったが長袖のシャツに薄いジャケットを羽織ってちょうど良いくらいの涼しさであった。真夏でも最高気温は27度前後で30度を超えることはまれ。平均気温は22度前後のこと。また冬も最低気温が零下になることはめったになく、平均して10度前後。真冬でも最高気温が20度近くまで上がることがあるということだ。

このため一般の住居にはエアコンがない。留学生事務所にもエアコンはない。

蓮花校区では2007年春学期は46人の語言生に対して7クラスが開設されているため、1クラスの平均人数は7人足らず、最も多いクラスでも10人である。

また留学生の国籍構成でも極端に人数の多い国というのがない。日本人も07年春学期は1人だけであり、クラスメートと自然と中国語で会話をする環境となっている。

カリキュラム上の最大の特色は授業が週に12コマしかないことである。学校にあまり縛られずに互相学習など学外の活動に時間を割きたい留学希望者には良いだろう。授業時間が少ないため学費も半年で3,800元と抜群に安い。

雲南省は中国最多の26の少数民族が暮らし、観光スポットも多い。夏休みなどを利用して観光を楽しむにも適している。

昆明市の南東1時間半ほど離れた呈貢県に学園都市が作られ、2006年頃から昆明市の大学が徐々にこちらに移動を始めている。この大学でも2008年9月から1年生が新校区に移動し、2009年9月からは1・2年生が新校区となる。昆明市の大半の大学は、大学院生など一部の学生を残して数年内に新校区へ移動するものと見られる。語言の留学生は市内に残るはずなので、徐々に互相相手を見つけにくくなる可能性がある。

2008年秋学期の初級2班以上に開設されている科技漢語と経済漢語は、本科を目指す学生のために設けられており、純粋な語言生はあまり受講していない。このため、実質の授業時間数は週当たり16コマと考えた方が良い。

その代わり、1学期5,300元という全国でも最安値に入る学費である。空いた時間を有効活用する工夫さえできれば、コストを低く抑えたい留学希望者にはメリットがある。

今回、大学側と協議し、事前に大学に依頼すれば、部屋を一緒に探してくれる学生を無料で手配してもらえることになった。大学近辺には空き物件が多いため、1週間前後で見つかるだろうとのこと。2DKで相場は月額1,000元前後。見つかるまでは学内のホテルを使うことができる。

日本語学科がないなど互相相手探しには工夫が必要であり、授業数も一般的な大学に比べると少ない。しかし、学費が安く、学外に住むサポートも得られる。雲南省に興味がある留学希望者には検討価値のある留学先候補といえる。

2010年春学期の語言留学生の教育は2キャンパスで行われており、留学生数など掲載データはその合計値である。

最終更新日:2010年04月13日

留学お手続き代行

中国語が話せない、手続きの仕方がよく分からない、大学に連絡が取れないといった方のために、「中国留学情報」では留学お手続きの代行を行っております。お手続きの流れ、費用についてはこちらのページをご参照ください。お手続きのお申込み、この大学についてのご質問などは下記メールフォームからお気軽にご連絡ください。

ご質問・お問合せ

中国留学や大学についてのご質問、留学お手続きのお申込みなど、下記メールフォームからお気軽にお問合せください。土日祝日も含め24時間いつでもご送信いただけます!

ご本名
ご職業
中国語レベル
中国語学習歴
メールアドレス
お問合せ内容

※うまく送信できない場合はメールアドレス「lianxi@liuxue998.com」からご連絡ください。

大学を選ぶ

留学手続きサポート