中国留学情報

北京語は標準語ではありません

お客様から留学先についてご相談を受けるとき、
非常に多いのが次のようなものです。

「標準語を勉強したいので北京に留学したい」
「訛りがないので北京の大学が良い」
「北京語を勉強したいので北京の大学を紹介して欲しい」

ハッキリ言いますが、これすべて間違いです。
完全に勘違いしています。
なぜか?

★北京語は中国の標準語ではありません。

大切な問題ですので、詳しく説明します。


まず、
●「北京語」とは「北京方言」のことです。

大阪弁や博多弁と同じ、地方の方言です。
北京語とは北京で話される「北京弁」のことです。
ですので、北京語は中国の標準語ではありません。

では、中国の標準語は何なのか?
「普通話」です。

普通話とは一種の人工的に作られた言語です。
「北方言語の語彙」と「北京官話」の発音をベースにしています。

北方言語の語彙とは、
中国北方で使われてきた言語の単語のことです。

では北京官話とは何かというと、
「明清の宮廷官僚」が使っていた言葉です。
北京市民の北京弁ではありません。

北方言語の語彙と宮廷官僚の発音をベースにした「普通話」。
北京市民が話す方言である「北京語」。
この2つは別物です。
中国の標準語である「普通話」と、
北京方言である「北京語」は別の言語です。

北京は中国の首都ですし、
「北京語」という単語がやたら普及してますし。
北京語が標準語と誤解するのは致し方ないことです。

でも、
「北京が首都だから北京語が中国の標準語」
というのは、
「東京が首都だから江戸っ子のべらんめぇが日本の標準語」
と言っているようなものなんです。

中国の標準語は北京語ではありません。
このことはしっかり認識してください。

「標準語を勉強したいから北京に留学」
「正しい発音を身に付けたいから留学先は北京」
これは普通話と北京語を混同した完全な勘違いです。

では、中国の標準語である「普通話」。
これが最も標準的に話されている地域はというと、
●黒龍江省ハルビン市
●吉林省長春市
と言われています。

私は中国の主だった都市はすべて行ってますが、
確かにこの2都市で人とやり取りをすると、
抜群に聞き取りやすいです。
ハルビンに行くと自分の聴力が上がったように感じます。笑

よく東北地区は発音が標準的と言われますが、
瀋陽やチチハルなど他の都市でも訛りがありますし、
日本人留学生が多い大連なんて豪快に訛ってます。
それに比べると、ハルビン、長春は別格です。

では、中国に留学するならば、
ハルビン、長春以外はダメなのか?

私は決してそうとは思いません。
理由は5つあります。(←多すぎ~!笑)


まず第一に、大学の授業はすべて普通話で行われます。

中国の大学で中国語を教える教師は、
おしなべて標準的な普通話を使います。

外国人向け中国語教師は国家資格を持っているのですが、
その条件の中に普通話の標準さも含まれています。
そのための試験もちゃんとあるんです。

ですので、北京だろうと上海だろうと広州だろうと、
教室の中で使われるのは標準的な普通話です。
北京の大学は北京出身の先生が多いから、
先生が北京訛りの普通話を使う、というわけではありません。


第二に、若い学生は標準的な普通話を使います。

全国放送のテレビを見て育った若い世代です。
地方の方言しか話せないなんてことはありません。

もちろん、地方出身者同士では方言を使います。
ですが標準的な普通話も概ね正確に話せますので、
彼らとの交流で困ることはありません。


第三に、訛りに接する機会が実は少ないんです。

地方の大学に留学すると、
街の人の中国語が訛っているので、
それがうつって自分の発音も訛ってしまう。

そう思ってる方が非常に多いのですが、
そもそも、相当な量、訛りに接しなければ、
その訛りが移るなんてことはありません。

では地方の大学に留学すると、
頻繁に訛りに接することになるのか?
実は訛りに接することは多くありません。
みなさんが心配するほど訛りに触れる機会はないんです。

ちょっと複雑な話になるのですが、
まず「方言」と「訛り」の違いを説明します。

え?って思う人がいるかもしれません。
日本では方言と訛りは同じ意味ですから。
ですが、中国ではまったく別の意味です。

「方言」とは、その地域特有の言語です。
上海の「上海語」、広東の「広東語」などが有名ですが、
これは普通話とはまったく異なります。

例えば、あえてカタカナで表現しますが、
「日本人」の発音は、
普通話…リーベンレン
上海語…サバニン

「大丈夫」というのは、
普通話…メイウェンティ
広東語…モーマンタイ

日本でいう「方言」とはぜんぜん違うレベル。
まったく別の言語くらいに思ったほうが良いです。
上海人に広東語は分かりません。
広東人に四川語は分かりません。
四川人に上海語は分かりません。
それくらい違うのが「方言」です。

では「訛り」とは何かというと、
「発音や声調の変化」です。

例えば「我是日本人」の「是」の発音。
普通話では「シー」ですが、
南方では「スー」になります。
これが発音の変化です。

また、四川地方では第4声が第3声に近くなります。
上から下に下がる声調がありません。

ちょっと乱暴な言い方ですが、
中国語における「訛り」とは、
「不正確な発音の普通話」のことです。

さて、それではこれらが語学留学にどの程度影響するか。
実はほとんど影響しません。

まず「方言」ですが、
これはどっちみち聞き取れません。
アメリカに行ってフランス人に出会うようなものです。

まるっきり聞き取れないわけですから、
方言を聞くことで自分の発音が悪くなる、
なんてことは起こりえません。

アメリカに行ったら周りがフランス人だらけで、
フランス語訛りが身についた。
そんなことありえないでしょ。笑

次に「訛り」ですが、
実は「訛り」に接する機会がほとんどありません。

訛りを気にする人の多くが、
この点についてイメージだけで考えてしまっています。
論理的な検証を省略してイメージだけで決めつけています。

では、実際に検証してみましょう。

午前は大学で授業。
午後は学内で互相学習。

ここまでは訛りの影響を受けません。
だって、学内ですから。
教師も中国人学生も標準的な普通話ですから。

影響を受けるとしたら、
学外に出た時です。

みなさん、具体的に考えてみてください。

まず、学外にどれくらい出ますか?
食事のメインは学食です。
たまに大学近辺の食堂に行く程度です。

食事以外で出るとすると、
週末に買い物に行くくらい。

そもそも、学外に出る機会が少ないんです。

そして学外に出て、地元民と会話をする機会。
つまり、訛った普通話に接する機会。
校門を出て戻ってくるまで具体的にどれくらいあるか?

料理を注文するのと、値段を聞く。
他に何がありますか?
地元民とやり取りをするネタがありますか?
実はないんですよ。

ということは実際に訛りに接するのは、
料理を注文するので2分、
スーパーで値段を聞くので1分。

合計3分で訛りが身についたら、逆にすごすぎますよ。笑

「訛り」についてもう1つ。

多くの人は、留学先の地域の訛りが身に付く、
つまり、「地域」が訛りに最も影響すると考えます。
ですがこれは完全な間違いです。

訛りに最も影響するのは地域ではありません。
「母語」です。

韓国人が英語を勉強するためにアメリカに留学します。
「コーヒー(coffee)」を発音しようとする時、
韓国人は非常に困ります。
なぜなら、韓国語には「フィ」の発音がないんです。

どうするか?
韓国語にある発音で「フィ」に最も近い発音を探します。
韓国語には「フィ」はありませんが、「ピ」はあります。
これで代用します。

その結果、韓国人はcoffeeを「コピ」と発音します。
母語である韓国語の影響で「コピ」と発音するようになるのです。

留学先がニューヨークであろうとロンドンであろうと、
韓国人のcoffeeの発音は「コピ」になります。
いま流行りのフィリピンに留学しても「コピ」です。

訛りに最も影響するのは、留学した地域ではありません。
母語が最も影響するんです。

我々日本人が留学する場合も同じです。
中国のどの都市に留学するにしても、
圧倒的に影響するのは「日本語」です。

そしてほとんどの人が日本語から離れられません。
日本人はどこに留学しようと、
必ず「日本語訛りの中国語」になります。

北京だろうと、上海だろうと、西安だろうと、
どこに留学しても同じです。
北京訛りにも、上海訛りにも、西安訛りにもなりません。
必ず「日本訛り」になります。

圧倒的に影響するのは地域ではなく母語なんです。


第四に、中国語は訛りに寛容な言語です。

私は中国の全省、全自治区を訪問しました。
大学があるような規模の町は百数十見てきています。
その私が見てきた限り、訛りのない町なんて皆無です。

ハルビンと長春は発音が非常にキレイと書きましたが、
長春人に言わせると、長春にも長春訛りがあるそうです。

では、訛ったら通じないのか?
そんなことはまったくありません。

私は大学取材で長距離列車で移動することが多いのですが、
北京人と上海人と四川人が、
互いに訛った普通話で賑やかに会話している。
そういう光景をよく目にします。

そしてそこに私が加わって、
日本人訛りの中国語で話す。
それで会話が成り立つ。
これが実際の中国語です。

学術的な根拠があるわけではないのですが、
多少訛っていても通じる。
それが中国語であると私は理解しています。


第五に、発音に完璧は必要ありません。

この考え方がなかなか受け入れてもらえないのですが。
ダメ元で説明してみますね。笑

日本人はなにせ完璧主義ですので、
何事にも完璧を求めます。
発音も然りです。

ですが、発音に完璧は必要ありません。
これは断言します。

日本で活躍する外国人を見てください。
完璧な日本語の発音を身に付けている人、
どれだけいますか?

「そこが変だよ、日本人」
外国人がたくさん出てくる番組がありましたよね。
あれに出てくる外国人、
みんな発音が変だったでしょ。

でも、コミュニケーションは十分に取れている。
そして、少なからずが我々日本人より稼いでいる。笑

日本人は「完璧」な発音を求めます。
ですが、外国語でのコミュニケーションに必要なのは、
「完璧」な発音ではありません。
「通じる」発音です。

求めるべきは完璧な正確さではなく、
通じる程度の正確さなんです。

すでに70%の正確さの中国語の発音を身に付けている。
70%の正確さでコミュニケーションに支障がない。
ならば、それを100%まで引き上げるのは時間と労力のムダです。
だって70%の発音で通じてるんですから。

さらに30%の労力をかけて100%の発音にするより、
その30%で簡単な英会話でも身に付けたほうが、
あなたの収入は確実にアップしますよ。

語学は実学です。
実用ツールです。
日本人の美学を持ち込むべきではありません。


以上5つの理由から、
私は過度に発音の正確さを求める必要はないと考えています。

誤解してほしくないのですが、
私は発音の正確さを否定しているのではありません。

不正確より正確であるほうが良い。
70%より100%のほうが良い。
当たり前のことです。
留学する地域の発音が訛っているより正確なほうが良い。
言うまでもないことです。

でも、
教員や学生の発音はおしなべて正確であり、
地元の訛った発音に影響される機会は非常に少ない。
さらに、中国語は訛りに寛容な言語であり、
そもそも言語は完璧でなくても通じる。

そして、

「発音以外にも重視すべき条件がある」

例えば、
●ハルビンの大学で1クラスの人数が25人
●訛った地域の大学で1クラスの人数が5人
あなたはどちらを選びますか?

はたまた、
●長春の大学で2人部屋しか空いてなくて日本人だらけ
●訛った地域の大学で1人部屋キープで日本人は皆無
どちらのほうが学習環境としてより良いですか?

留学先を選ぶ条件に、
発音のキレイさを入れることは間違いではありません。

ですが、発音のキレイさは絶対の最優先条件ではありません。

完璧な発音でなければならないわけでもない。
発音以上に重視すべき条件もある。


完璧を美徳とする日本人には、
受け入れ難い考え方かもしれません。

ですが、非常に大切なポイントです。
ぜひ一度じっくり考えてみてください。

留学の目的は、
実用ツールとしての言語を身につけることです。
日本人の美意識を押し通すことではありません。

------------------------------------------------------------
【今週のまとめ】
1) 北京語=標準語は完全な間違い
2) 発音に完璧さは必要ない
3) 他に重視すべき条件がある
------------------------------------------------------------

→ 次へ:有名な大学が良い?
← 前へ:おすすめと体験談
→ 中国留学ゼミナール 目次に戻る
→ 「中国留学情報」トップページへ

留学お手続き代行

中国語が話せない、手続きの仕方がよく分からない、大学に連絡が取れないといった方のために、「中国留学情報」では留学お手続きの代行を行っております。お手続きの流れ、費用についてはこちらのページをご参照ください。お手続きのお申込み、中国の大学についてのご質問などは下記メールフォームからお気軽にご連絡ください。

ご質問・お問合せ

中国留学や大学についてのご質問、留学お手続きのお申込みなど、下記メールフォームからお気軽にお問合せください。土日祝日も含め24時間いつでもご送信いただけます!

ご本名
ご職業
中国語レベル
中国語学習歴
メールアドレス
お問合せ内容

※うまく送信できない場合はメールアドレス「lianxi@liuxue998.com」からご連絡ください。

大学を選ぶ

留学手続きサポート