中国留学情報

早めに行こう!

大学の選び方について語ってきた当メルマガですが、
3月から留学という方はもう留学先は決定済みだと思います。

出発まで残り1ヶ月ちょっと。
留学準備は進んでますでしょうか?

一体何をどう準備すれば良いのか…、
右往左往されている方もいらっしゃると思います。

そういう方のために、
「中国留学情報」メルマガ、直前対策特集。
今回から9回に分けて、
出発前の準備、現地生活などについて語ります。

第1回は、出発時期についてです。


新学期が始まるのは2月24日か3月3日頃。
みなさん、いつごろ現地入りする予定ですか?

授業開始前日?
まさかそんな人はいないと思いますが。
3日前とかいう人はけっこう多いのでは?

「中国留学情報」のおすすめは早めの現地入りです。
可能な限り1日でも早く、
できるだけ早めに現地に入るべきです。

と言うのも、
早めの現地入りには沢山のメリットがあるんです。


1.寮の確保

なにせ日本のようなキッチリカッチリの国ではありません。
ごくまれにですが、予約してたのに部屋がない!
なんてことがあります。

なので、少しでも早く行って、
確実に部屋を押さえてしまうべきです。


2.現地生活の準備

現地に着いてやることは勉強だけ。
着いたら翌日から勉強に専念!
と思ってませんか?

実はそうではありません。。
勉強の前にやることが山ほどあるんです。

例えば、
トイレットペーパーどうします?
部屋にはついてませんよ。

朝起きたら歯を磨きますよね。
歯みがきと歯ブラシは?
うがいするのにコップも必要ですよね。

喉が乾いたら水飲みたいなぁ、とか、
インスタントでも良いからコーヒー飲みたい、とか。
で、部屋にないでしょ?

シャンプーはどうします?
食器も少しは必要ですよね。
となると、食器洗いのスポンジは?洗剤は?
ゴミ箱もいるでしょ。
タオルもいりますよね。
ハンガーはどうします?

そうなんです。
日用品を買出しに行かなきゃならないんです。
生活できる状態にするのはかなりの手間です。

何もない部屋を住める状態にする。
これがどれだけ手間がかかるか。
引越しをしたことがある人ならば分かるはずです。
留学って日本から中国への引越しですからね。

他にもやることはいっぱいあります。
携帯電話を買わなきゃならないでしょ。
銀行口座を開く人もいますよね。
なんじゃかんじゃと、やることが出てくるんです。

さらにさらに。
学食ってどうやって食べるんだろう?
大学の周りの食堂ってどうやって注文するんだろう?
普段の買い物はどこですれば良いんだろう?
ATMはどこにある?
郵便局はどこ?

どうです?
これらすべて一通り済ませて、
生活を落ち着かせるのに、1日で済みますか?
ムリですよね。
完全に落ち着くまで最低でも1週間はかかります。

それなのに、出発をギリギリまで遅らせて、
もし、授業開始前日に現地入りしたとしましょう。
現地に着くのは夕方以降ですので、
その日は何にもできません。

翌日から授業が始まったものの、
毎日午後は買出しだの携帯の契約だの、
1週間くらいはバタバタする。
つまり、
1週間は午後の時間を勉強に使えないわけです。

午後の時間は互相学習をするはずだったのに、
生活準備で勉強時間をつぶしてしまう。
ありえないでしょ?

ですので、最低でも1週間前には現地に着いて、
日用品を買い揃えたり、現地での生活に慣れたりして、
授業前日までには、完全に落ち着いた状態にする。

そうやって、勉強以外にやることはない状態にしてから、
授業初日を迎える。

これ、ものすごく大切なことです。


3.インターネット

着いた日からネットが使える。
そんな大学は少数派です。
普通は数日から1週間前後かかります。

直前に着いたとしましょう。
ネット開設工事はスーパー混雑。

早く着いた人から順に工事していきますので、
後に着いた人は当然後回しです。
いつまで経ってもネットが使えない。

イヤですよね?


4.互相相手の確保

早めに現地入りする最大の目的。
それは互相相手の確保です。

このメルマガでも何度も言ってきましたが、
中国留学の目的は文法習得ではありません。

ネイティブの中国人と中国語でやり取りし、
聴力、会話力を身に付ける。
これこそが留学の目的です。
そこで役に立つのが互相学習。
なのですが…

直前に現地に着くと、
他の留学生も互相相手を探し始めますので、
競争率が上がってしまう。
互相相手を見つけられなかったり、
見つかるまで時間がかかったりします。

早く現地に着けば、
競争率が低い中で早めに互相相手を確保して、
授業が始まるまで毎日互相できます。

直前に着くのとえらい違いですよね。


というふうに、
早めの入国にはメリットが多いんです。

でも、メリット以前によく考えてください。
みなさん、留学したいんでしょ。
中国で生活をしたいわけですよね。
そのために100万円前後のお金を投ずるわけでしょ。

だったら、
1日でも長く中国で暮らしたくありませんか?

授業が始まってなくても、
中国人学生を見つけて互相したり、
テキストの予習をしたり、
寮のおばちゃんとくっちゃべって会話練習したり。

やるべきこと、できることはいくらでもあります。

せっかくの中国留学です。
一番早いタイミングで現地に入りましょう。

------------------------------------------------------------
【今週のまとめ】
1) 1日でも早く現地入りしよう
2) 生活準備にかなり時間がかかる
3) 授業が始まってなくてもいくらでも勉強できる!
------------------------------------------------------------

→ 次へ:お金の持込み方
← 前へ:留学生寮の基礎知識
→ 中国留学ゼミナール 目次に戻る
→ 「中国留学情報」トップページへ

留学お手続き代行

中国語が話せない、手続きの仕方がよく分からない、大学に連絡が取れないといった方のために、「中国留学情報」では留学お手続きの代行を行っております。お手続きの流れ、費用についてはこちらのページをご参照ください。お手続きのお申込み、中国の大学についてのご質問などは下記メールフォームからお気軽にご連絡ください。

ご質問・お問合せ

中国留学や大学についてのご質問、留学お手続きのお申込みなど、下記メールフォームからお気軽にお問合せください。土日祝日も含め24時間いつでもご送信いただけます!

ご本名
ご職業
中国語レベル
中国語学習歴
メールアドレス
お問合せ内容

※うまく送信できない場合はメールアドレス「lianxi@liuxue998.com」からご連絡ください。

大学を選ぶ

留学手続きサポート