中国留学情報

出発前の心構え

出発まであと少し。
今回は精神論です。

これから中国に旅立つ方々に、
身に付けていただきたい心構えが3つあります。
これは日中間で生きる私からの、みなさんへのお願いです。

そして恐らく、
中国で暮らす多くの在外邦人の願いでもあるはずです。


まず第一に、
日本人を代表するんだという自覚を持って下さい。

ここ数年、旅行で日本に来る中国人が増えてきました。
それにともなって、
電車など公共の場所で大声で話す中国人も目立ってきました。

彼らを見て多くの日本人はこう感じます。
「中国人ってマナー悪いなぁ」

大声で話しているのは王さんや張さんであって、
陳さんはマナーが良いかもしれません。
でも、日本人は誰一人として、
王さんや張さんの個人的な問題とは見ません。
王さんや張さんを見て「中国人は」と判断します。


みなさんが中国に行くと、
これとまったく同じ状況になります。

日本の大学で山田さんがいつも遅刻する。
「山田さんは遅刻が多いなぁ」と判断されます。

でも、中国の大学で山田さんが遅刻すると、
「日本人は遅刻が多いなぁ」と判断されるんです。

あなた一人の問題では済まないんです。
あなた一人の行動が、
日本人に対する評価を決めるんです。

日本にいる日本人が、
王さんや張さんを見て、
「中国人はマナーが悪い」と判断するように、

中国にいる中国人は、
たった一人の山田さんを見て、
「日本人は遅刻が多い」と判断するんです。

国を出た瞬間、あなたは日本人の代表です。
あなたの行動が日本人の評価につながります。

良い行動を取れば、日本人は良いと判断されます。
悪い行動を取れば、日本人は悪いと判断されます。

国を出るということは、
日本人であることを背負うということです。
パスポートを持つ重みを決して忘れないで下さい。


第二に、
日本の価値基準を捨てて下さい。

中国に着くと、
初日から不愉快なことが山のように襲いかかってきます。

空港に出迎えに来た人が遅れてきた。
バスに乗ったら携帯で大声で話している人ばかり。
誰もバス停で並ばない。
入学手続きがやたら効率が悪い。
食べ方が汚い。
道はゴミだらけ。
あっちこっちでツバを吐いてる。

けどね、
彼らはそれで機嫌よく暮らしてるんです。
そのように行動するには理由があるんです。
そこは日本じゃなくて中国なんです。

遅れるという時間の基準が違うんです。
日本ではジャストタイムじゃないと遅れです。
でも、中国では5分10分は遅れたうちに入りません。
だからこそ、多少の遅れは気にせず、
ストレス無しで彼らは生きていけてるんです。

なんでバス停で並ばないのか。
バスをよく見てたら分かります。
停まる場所がいつも違うんです。
並んでても、そこにバスが停まるとは限らない。
だから並んでも意味がないんです。

確かに北京などでは停まる場所が一定してきました。
でもそれってここ4~5年のことです。
長年の習慣がそう簡単に変わるわけではありません。
いまだ停まる場所が一定しない上海で、
誰も並ばないのは当たり前のことです。

必ず同じ場所にバスが停まる。
そんな日本だから通用する並ぶという常識を、
日本とは違う国に持ち込むほうがナンセンスです。

道がゴミだらけ。
あちこちでツバを吐く。

そうです。
その通りです。

それはつまり、
どこでも好きな時にゴミを捨てられる。
ツバを吐きたい時にツバを吐ける。
気にしないで好きなようにできるから気楽なんです。

それって変だと思うでしょ。
でも、まったく変ではありません。
40年ほど前の日本もそうでしたから。

私が子供の頃の日本では、
大人は道端で普通にツバを吐いてました。
道路のあちこちにタバコの吸殻が落ちてました。
今の中国とこれっぽっちも違いません。
まったく同じでした。

そんな日本で徐々に不衛生じゃない?って感覚が芽生え、
数十年かけて今の日本になったんです。

中国でもようやく問題視されるようになってきました。
でも、ようやく問題になってきたばかりです。
日本の40年前がそうであったように、
いきなりきれいにはなりません。


これからみなさんが向かう先は日本ではありません。
日本とは別の文化、習慣、習俗がある別の国です。
そこで日本の価値基準を持ち出さないで下さい。

むしろ彼らの価値基準に寄り添ってみてください。
いきなりは無理かもしれません。
でも少しずつで良いので、彼らの基準を受け入れていって下さい。

そうすることで、中国で心地良く暮らせるようになり、
同時に、より深く中国を理解できるようになります。

私達がそばをズルズル音を立てながら食べてて、
それを見たフランス人がしかめっ面をしたら不愉快でしょ。
嫌ならとっととフランスに帰れよ、って言いたくなるじゃないですか。
中国人だって同じです。

同時に、しかめっ面をしているフランス人、
かわいそうだなぁ、って思いませんか。
そばはズルズル言わせながら食べたほうが絶対美味しいのに。笑

日本の価値基準は日本に置いていって下さい。
中国の価値基準を受け入れて下さい。


最後に、
中国で暮らさせてもらっている感謝の気持ちを常に持って下さい。

みなさんはこれから1学期なり1年なりの間、
所得税も住民税も払わず中国で暮らしていきます。

降り立った空港、空港から市内への道、
大学の建物、留学生寮で使う水道、電気、
すべて中国の税金で作られたものです。

日本のODAがどうだこうだという人がいますが、
それは空港から道路から校舎から上下水道まで、
すべてODAで作ってから言って下さい。

税金を一銭も払ってないのに、
水道も電気も使えるんです。

国民としての義務は一つも負わないのに、
警察が治安を守ってくれるんです。

北京も上海も地下鉄は赤字です。
その赤字を補填しているのは、中国人が払った税金です。
我々は一銭も補填しないのに、地下鉄に乗れるんです。

学費と寮費以外はほとんど負担しない。
なのに、大きな不自由もなく、安全を保証されて、
これから1学期なり1年なり中国で暮らさせてもらうんです。

文句を言ったらバチが当たります。
常に感謝の気持ちを持って下さい。


感謝の気持ちを持つ相手は中国だけではありません。
もう一つ、感謝の気持ちを持って欲しい相手がいます。
それは、我々の先人、前世代の日本人です。

60数年前に日本は戦争に負けました。
日本軍は中国大陸から敗戦国の兵士として引き上げてきました。

歴史認識の問題は別として、
当時の中国人にとって日本人は憎むべき敵国人でした。
憎むことが妥当であるか否かは別として、
現実として中国人にとって日本人は憎むべき相手だった。
これだけは否定のしようがない事実です。

それから60数年が経ち、未だに反日感情が残っているのは事実です。
しかしそれと同時に、
日本国と日本人が中国人から敬意を持たれているのも事実です。

日本人はウソをつかない。
日本人は信頼を裏切らない。
日本人は素養が高い。
日本人は規律を守る。
日本人は誠実である。

これらは中国で広く認められている日本人に対する評価です。

彼らにとって日本人はかつての侵略国の国民です。
私たちは敵国民の子孫です。

終戦当時の子供たちは、年は取りましたがまだたくさん生きています。
親を殺された人もいるでしょう。
家を焼かれた人もいるでしょう。
親族がみんな死んでしまった人もいるでしょう。

そんなお年寄りも含めて、
戦争当時の日本人に対する恨みは今でも心に持ったまま、
それでもなお、日本人を高く評価しているのです。


それはなぜか?
我々の先人たちが懸命に頑張ってきたからです。

終戦直後、まだ反日感情だけしかない当時から、
先人たちが貿易などで中国に乗り込みました。
大変なご苦労をされたろうと思います。

そこからコツコツと誠実に商いをし、良い製品を作り、
そういった日々の営みを地道に積み重ね、
中国における日本人の信頼を築きあげてくれたんです。

だからこそ、我々今の日本人は、
彼らにとっては侵略国の子孫であるにもかかわらず、
ばかにされることもなく、傷つけられることもなく、
この国で尊重されて安全に暮らしていくことができているのです。
決して今の日本人が素晴らしいからではありません。


日本人はビザ無しで中国に15日間滞在できます。
このことは、みなさんの多くがご存知だろうと思います。

では、ビザ無しで中国に15日間滞在できる国、
日本を含めて世界で何ヶ国あるかご存知ですか?

実は、日本とシンガポールとブルネイ。
3ヶ国だけなんです。

ビザ無しで中国に15日間滞在できるのは、
世界250ヶ国の中で日本など3ヶ国の国民だけなんです。

アメリカ人もイギリス人もフランス人も、
韓国人も北朝鮮人もモンゴル人もベトナム人も、
たった1日であっても中国に入るにはビザが必要です。

なのに日本人は必要ないんです。
日本は中国から特別扱いを受けている、
世界でたった3ヶ国だけの特別な国の1つなんです。

かつての敗戦国が、
かつて中国にとって敵国であった日本が、
3ヶ国だけの特別な扱いを受けているんです。


敗戦から60余年を経て、日本人は中国で信頼を勝ち得ました。
でもそれは、決して我々今の日本人が素晴らしいからではありません。

我々の先人たちが、この中国の大地で地道に信頼を築きあげてくれた。
そのおかげで、我々今の日本人は、
かつての戦地で安全に留学することができる。

そのことについて、
我々の先人たちに対して、
決して感謝の気持ちを忘れないで欲しい。

そして、先人たちが築きあげてくれたものを、
決して我々の世代が壊すことがあってはならない。
日本人のイメージ、日本人に対する信用、
そういったものを我々が中国で傷つけることは決して許されない。

これから中国に渡るみなさんに、
ぜひ、強く深い気持ちを持っていただきたいと願います。

------------------------------------------------------------
【今週のまとめ】
1) 日本人を代表するんだという責任感を持って下さい
2) 日本の価値基準を捨てて下さい
3) 中国で暮らさせてもらっている感謝の気持ちを常に持って下さい
------------------------------------------------------------

→ 次へ:中国で最初にやるべきこと
← 前へ:どうしても荷物が減らないとき
→ 中国留学ゼミナール 目次に戻る
→ 「中国留学情報」トップページへ

留学お手続き代行

中国語が話せない、手続きの仕方がよく分からない、大学に連絡が取れないといった方のために、「中国留学情報」では留学お手続きの代行を行っております。お手続きの流れ、費用についてはこちらのページをご参照ください。お手続きのお申込み、中国の大学についてのご質問などは下記メールフォームからお気軽にご連絡ください。

ご質問・お問合せ

中国留学や大学についてのご質問、留学お手続きのお申込みなど、下記メールフォームからお気軽にお問合せください。土日祝日も含め24時間いつでもご送信いただけます!

ご本名
ご職業
中国語レベル
中国語学習歴
メールアドレス
お問合せ内容

※うまく送信できない場合はメールアドレス「lianxi@liuxue998.com」からご連絡ください。

大学を選ぶ

留学手続きサポート