中国留学情報

中国の治安は?

どの大学に留学すればよいのか、
多くのお客様からご相談をいただきます。

大学への希望条件をみなさん出してくださるのですが、
その中で非常に多い条件がこれです。

「治安の良い地域にある大学」

そうなんです。
中国の治安を心配する方、
非常に多いんです。


でもですね、
ちょっと考えてみて欲しいんです。
もしみなさんがアメリカに留学するとして、
そこまで治安を心配しますか?

アメリカって非常に治安が悪いですよね。
市民が拳銃を持つ社会で、
大学や高校で銃乱射事件が起こる国です。

そのアメリカに留学するとき、
治安の良い地域に留学したいとか、
希望条件に入れないでしょ?

我々日本人はどうしても先入観があるんです。
共産主義の一党独裁国家で、
発展途上国で人権面で問題があって、
反日感情があって反日デモが起こって。
だからきっと、
治安面でも問題があるだろう、みたいな。


もう一つ影響を与えているのは報道です。
新聞やニュース等のマスコミ報道です。
これがひどいんですよ。

例えば、2012年の9月に北京で反日デモが起こりました。
それでニュースがその現場の様子を流して、
2万人の北京市民が参加!とか報じるわけです。

で、それを見た日本の多くの人が、
北京は危ない!心配だ!留学して大丈夫?
って気持ちになっちゃうんですが…

マスコミ報道って常にそうなんですけど、
報じてることと、報じてないことがあるんです。
北京のデモの場合、デモの参加者数は報じました。
ですが、報じていないことがあります。
北京市の人口です。

北京の人口って2,000万人です。
デモに参加したのは、そのうちの2万人です。
千人に1人です。

つまりあの日の北京は、
千人に1人だけが反日デモに参加し、
残りの999人はいつも通りの生活をしていた、
至って平和な普段通りの北京だったんです。

でもそんなことを報道したらどうなるか?
誰もワイドショー見なくなりますよね。
新聞も週刊誌も買わなくなるでしょ。
そしたらマスコミの人たちは困るじゃないですか。
彼らだって女房子供がいるんですから。
だからいかにも大変なことが起きてるように報じるんです。

もちろんしょうがないことなんですけどね。
マスコミだって商売ですから、
彼らの仕事はあらゆる事実を伝えることじゃなく、
収益につながる事実を選んで伝えることですから。

なので日本のテレビや新聞ばかり見ていると、
本当の真実が見えなくなって、
中国に対して過剰な不安を抱くようになってしまうんです。


では実際はどうかというと、
中国の治安って実はかなり良いんです。

当然アメリカみたいに銃の乱射なんてありません。
また、強盗とか殺人とかの凶悪犯罪、
もちろんあることはあるのですが、
発生率は欧米諸国より低いんです。

機会があれば国連の統計資料を見てみてください。
アメリカやイギリスに比べて、桁が1つ違いますから。
中国での凶悪犯罪の発生率は、
実はアメリカやイギリスの10分の1以下です。
米英のほうが中国より10倍以上危ないんです。


確かにスリはどうしようもないほど多いです。
混み合ったバスの中で携帯をすられた。
しかも留学中に3回も。
そんな話はよく聞きます。

ですが、それ以外については、
はっきり言って日本と変わりません。


ご注意いただきたいのは、
「日本と変わらない」というのは、
「だから安全」という意味ではありません。

日本と同じように、中国にも泥棒はいます。
日本と同じように、中国でも殺人事件は起きます。
日本と同じように、暗い夜道を女性が一人で歩くのは危険です。

つまり「日本と変わらない」というのは、
「日本並みに安全で、日本並みに危険」
ということです。

日本で暮らす場合と同じように、
自身での注意、警戒は必要です。

ですが、ごくごく普通に留学生活を送っている限り、
中国で危険な目に遭うことはありません。


そしてこのことについて、中国国内の地域差はありません。
私は百数十の中国の都市を旅してきましたが、
青森や広島が東京と同程度に安全であるように、
ハルビンも成都も北京と同程度に安全です。

また、大都市のほうが安全だと思って、
北京や上海を希望される方がいらっしゃいます。
治安面が不安なので地方都市は避けたい、と。

ですが、四川の大学よりも北京の大学のほうが安全。
そんなことはありえません。
むしろ日本でもそうであるように、
大都会よりも田舎のほうが安全なくらいです。


真夜中の盛り場に若い女性が一人で出歩いたり、
いかにも怪しげなところに入り込んでみたり、
そういった軽率な行動をとるなら話は別ですが。

それなりの注意をはらい、警戒心を持ち、
普通に留学生活を送っている限り、
中国は日本並みに安全です。

そしてその安全度、治安レベルに、
地域差はありません。

→ 次へ:交通の便で大学を選ぶ?
← 前へ:アルバイトはできる?
→ 中国留学ゼミナール 目次に戻る
→ 「中国留学情報」トップページへ

留学お手続き代行

中国語が話せない、手続きの仕方がよく分からない、大学に連絡が取れないといった方のために、「中国留学情報」では留学お手続きの代行を行っております。お手続きの流れ、費用についてはこちらのページをご参照ください。お手続きのお申込み、中国の大学についてのご質問などは下記メールフォームからお気軽にご連絡ください。

ご質問・お問合せ

中国留学や大学についてのご質問、留学お手続きのお申込みなど、下記メールフォームからお気軽にお問合せください。土日祝日も含め24時間いつでもご送信いただけます!

ご本名
ご職業
中国語レベル
中国語学習歴
メールアドレス
お問合せ内容

※うまく送信できない場合はメールアドレス「lianxi@liuxue998.com」からご連絡ください。

大学を選ぶ

留学手続きサポート