中国留学情報

留学中は何を食べるの?

中国に留学している間、
どんな食生活を送るのでしょう?
一般的なパターンを見てみましょう。


まず朝食。

朝早くから学食が開いてます。
マントウというパンみたいなものとか、
おかゆとか麺類とか。
そういったものが食べられます。

また、校門の前とか大学の周りに、
毎朝小さな屋台が出てきて、
肉まんとか軽食を売っています。

まぁ、5元もあれば十分です。


次に昼食と夕食。

これもメインは学食です。
ご飯をよそってもらって、
おかずを何品か選んでよそってもらう。
基本的にすべて中華料理です。
ご飯以外に麺類もあります。

大学の周りには学生相手の安い食堂が必ずあります。
出てくる料理は学食と大体同じです。

学食にしろ大学近辺の食堂にしろ、
学生相手のお店ですからね。
一食5~10元くらいです。


多くの人が気にする食の安全ですが、どうでしょうか?

まず、水道水は飲めません。
ミネラルウォーターを飲みます。
500mlのペットボトルで1元が相場です。

次に食べ物ですが、
私はまったく気にしてません。
ホントに、一切気にしてません。
現地の人とまったく同じ物を食べてます。
道端の露店とか全然平気です。

というのが、
気にしてもしょうがない。
というか、気にしようがない。
いや、本当に。

だってね、みなさんどうします?
日本から食材すべて持ち込みますか?
ムリでしょ?

ならば食品の安全をチェックしますか?
どうやって?
まさか厨房の中に入っていくわけにもいかないでしょ。

いっそのことすべて自炊するか?
でも、使う食材の安全性はどうしますか?
産地まで行って自分で買ってきますか?笑

対策の取りようがないんです。


さらに、
中国に来ている留学生って十万人以上います。
中国人学生は全国で3千万人くらい。
教職員も合わせるとさらに増えます。

それだけの人数が毎日学食や食堂で食べてて、
留学生が大量死したなんて話、聞いたことないでしょ?
食中毒で留学生が死んだなんて、私も聞いたことないです。

まぁ確かに、油っこいのが合わなくて、
着いた当初はお腹をこわしたとか。
その程度のことはよくあります。

ですが所詮はその程度です。
命を失うわけではありません。


中国に来る以上は、
中国のものを食べるしかないんです。
他の選択肢はゼロです。
で、
それで毎日数千万人が生きています。

であるならば変に心配しすぎず、
腹をくくって美味しく食べたほうが良い。
私はそう思ってます。

で、実際にそうしてます。
何年も。

で、
生きてます。笑


それでもどうしても心配という方は、
周りの学生をバロメータに使ってみては?

同じ留学生や知り合いの中国人学生が食べてる。
じゃぁ、大丈夫だろう。

それくらいで十分だと思いますよ。

どうせ手の打ちようはないんです。
あまり神経質になりすぎず、
本場の中華を楽しんでください。笑

→ 次へ:中国の物価水準は?
← 前へ:アパートは借りられる?
→ 中国留学ゼミナール 目次に戻る
→ 「中国留学情報」トップページへ

留学お手続き代行

中国語が話せない、手続きの仕方がよく分からない、大学に連絡が取れないといった方のために、「中国留学情報」では留学お手続きの代行を行っております。お手続きの流れ、費用についてはこちらのページをご参照ください。お手続きのお申込み、中国の大学についてのご質問などは下記メールフォームからお気軽にご連絡ください。

ご質問・お問合せ

中国留学や大学についてのご質問、留学お手続きのお申込みなど、下記メールフォームからお気軽にお問合せください。土日祝日も含め24時間いつでもご送信いただけます!

ご本名
ご職業
中国語レベル
中国語学習歴
メールアドレス
お問合せ内容

※うまく送信できない場合はメールアドレス「lianxi@liuxue998.com」からご連絡ください。

大学を選ぶ

留学手続きサポート