中国留学情報

海外保険はどうしよう?

出発前特集、第2回は海外保険についてです。

中国に留学する場合、
海外保険に必ず入らないといけないのか?

本当は留学生は必ず中国の保険に加入させるようにと、
中国政府から大学に通達が出ています。

ですが実際には、
各大学ごとに対応が異なっているのが実情です。
大きく分けて3パターンあります。


●加入義務付けなし

留学生が保険に入っていようと入ってなかろうとOK。
自分で判断して好きにしてくれ、という大学。


●保険への加入義務あり

中国の保険でも自国の保険でもOK。
とにかくどちらかの保険に入っておいてくれ。
保険なしはダメよ、という大学。


●中国の保険への加入義務あり

読んで字の如くです。
必ず中国の保険に入らなければなりません。
日本の保険に入っていてもいなくても、
一切の逃げ道なしに中国の保険に強制加入させられます。
それがイヤという場合は、その大学には入学できません。


では、中国の海外保険とはどんなものなのか?

大学によって違いがありますが、
平均的な保険料は1学期300元です。
日本円で5千円足らずです。

ではその内容はどうかといいますと、
どんな国でも補償内容は保険料に比例します。
5千円でたいそうな補償を期待する方が無理な話です。

まず、物損や盗難には一切対応しません。
また、医療保障も最低限です。
入院を伴う大怪我や大病でない限り保険金は出ません。
ちょっとした怪我とか風邪なんかは補償対象外です。

ですので、
ほとんど意味が無い保険だと思って下さい。

まぁ、しょうがないですよ。
保険なんて値段相応なんですから。

ということで、
ほとんどの方が日本の保険に入ります。


では海外保険で節約する方法はないのか?

実は海外保険ってほとんどがパック商品になっています。
「留学保険」という保険商品の中に、
風邪をひいて病院に行った場合の補償とか、
デジカメを盗まれた時の補償とか、
現地で人に怪我をさせた時の補償とか、
いろんな補償内容があらかじめセットされているんです。
幕の内弁当みたいなものです。

で、問題なのは、その補償内容です。
必要性の低いものがけっこうあるんです。


●飛行機が飛ばなかった場合の空港周辺のホテル代

都内や千葉、神奈川、埼玉に実家がある人。
わざわざ成田空港の近所のホテルに泊まりませんよね。
一旦家に帰るでしょ。ふつう。


●機内預けの荷物が遅れた場合の宿泊代

これ、可能性が極めて低いです。
私は100回近く飛行機に乗っていますが、
今まで一度もありません。


また、補償金額も必要以上に多い場合があります。

例えば一家の大黒柱で、
奥さんと、小さい子供が2人いる。
そりゃ、死亡保障1億円とか欲しいですよね。

けど、独身1人者だとして、
1億なんていらないでしょ?
葬式代が出れば十分だと思うんですよ。


補償内容が増えれば増えるほど、
補償金額が高額になればなるほど、
保険料は高くなります。

おかずがやたら多くて、
ご飯も大盛り。
そんな幕の内弁当は高くなるのが当たり前。

そこで、
保険をパック商品で買うのではなく、
必要な補償項目に絞って、
補償金額も必要最低限に抑える。

どうしても欲しいおかずだけに絞って、
ご飯の量も必要最低限にする。
そうすれば安い幕の内弁当になる。

例えば、
盗難補償はいるけれど、
飛行機が遅れた場合の補償はいらない。
死亡補償は500万だけで十分、みたいに。

そうすることで保険料を大幅に抑えることができます。


ネットで、
「海外保険バラがけ」とか、
「海外保険オーダーメイド」とかで、
検索してみてください。
いろいろ出てきますよ。

→ 次へ:どうやって中国に行く?
← 前へ:予防接種は必要?
→ 中国留学ゼミナール 目次に戻る
→ 「中国留学情報」トップページへ

留学お手続き代行

中国語が話せない、手続きの仕方がよく分からない、大学に連絡が取れないといった方のために、「中国留学情報」では留学お手続きの代行を行っております。お手続きの流れ、費用についてはこちらのページをご参照ください。お手続きのお申込み、中国の大学についてのご質問などは下記メールフォームからお気軽にご連絡ください。

ご質問・お問合せ

中国留学や大学についてのご質問、留学お手続きのお申込みなど、下記メールフォームからお気軽にお問合せください。土日祝日も含め24時間いつでもご送信いただけます!

ご本名
ご職業
中国語レベル
中国語学習歴
メールアドレス
お問合せ内容

※うまく送信できない場合はメールアドレス「lianxi@liuxue998.com」からご連絡ください。

大学を選ぶ

留学手続きサポート