中国留学情報

大学までの移動は?

前回は日本から中国までの移動を説明しました。
今回は中国の空港から大学までです。
空港に着いてから大学まで、
どうやって移動すれば良いのでしょうか?


まず一般的なパターン。
大学に一番近い空港まで飛行機で行って、
大学スタッフに空港まで迎えに来てもらう場合。

飛行機を降りて入国審査を受け、
機内預けのスーツケースを受け取り、
出口の自動ドアが開いて外に出たところ。

ここです。

名前が書かれたボードを持った人が大勢います。
みんな、到着客を待っている人です。
この中に必ず大学スタッフがいます。
ここで合流です。

注意して欲しいのは、
「絶対に」ここから動かないこと。

合流できる場所はこの1ヶ所しかありません。
たまに大学スタッフが遅れてくることもありますので、
スタッフが見つかるまで、
絶対にこの場所で待ち続けてください。


次に空港や港から自力で大学まで行く場合。
それも比較的近距離、
例えば北京から天津とか、上海から蘇州などです。

この場合は空港からリムジンバスで目的都市まで移動。
バスを降りてからはタクシーで大学までです。
ある程度旅慣れていることが前提ですが、
筆談でなんとかなります。


もっと遠い距離を移動する場合。
例えば上海まで船で行って、
そこから西安まで移動するといった場合です。

よく「列車で移動する」という方がいらっしゃるのですが、
中国の鉄道を甘く見ないほうが良いです。

中国の鉄道は需要に供給が追いついていません。
長距離列車のきっぷは、数日前に売り切れるのが普通です。
日本で新幹線に乗るのとはワケが違います。

まして、新学期スタート時期に移動するのは、
留学生だけではありません。
約3,000万人の中国人学生もまた、
帰省先から大学がある都市に戻ってきます。
臨時列車が増発されるほどの人の流れになるんです。

ですので、空港から駅に移動して、
その場で切符を買って列車に乗るなんてことは、
100%不可能です。
日本的な移動は中国では通用しません。

その結果、大学に伝えていた日時に到着できない。
携帯もないので遅れることを連絡することもできない。
大学に迷惑を掛ける上に、日本人の評判まで落とす。
ご勘弁を。


さらに、一番大変なのは実は校門から留学生事務所までです。
中国の大学ってどこもすごく広いです。
留学生事務所まで歩いて30分かかる大学もあります。

しかも、留学生事務所ってマイナーです。
校門の警備員のほとんどは場所を知りません。
中国人学生ももちろん知りません。

あっちで聞いて、さらにまた聞いて、
でも行った先に留学生事務所がなくて。
着くまでに1時間かかったとかよくある話です。


空港への出迎えの数百元を節約したい。
分からなくもないんですけどね。

出迎えってせいぜい300元くらいです。
日本円に直すと5千円足らず。

それを節約するために、
重いスーツケースを引きずり、
バスを探したり、タクシーで筆談したり、
校門に着いてから留学生事務所を探して放浪したり。
正直言って、5千円に見合わないです。

だったら素直に空港まで迎えに来てもらって、
5千円は他のところで節約したほうが良いですよ。

→ 次へ:ネットは使えるの?
← 前へ:どうやって中国に行く?
→ 中国留学ゼミナール 目次に戻る
→ 「中国留学情報」トップページへ

留学お手続き代行

中国語が話せない、手続きの仕方がよく分からない、大学に連絡が取れないといった方のために、「中国留学情報」では留学お手続きの代行を行っております。お手続きの流れ、費用についてはこちらのページをご参照ください。お手続きのお申込み、中国の大学についてのご質問などは下記メールフォームからお気軽にご連絡ください。

ご質問・お問合せ

中国留学や大学についてのご質問、留学お手続きのお申込みなど、下記メールフォームからお気軽にお問合せください。土日祝日も含め24時間いつでもご送信いただけます!

ご本名
ご職業
中国語レベル
中国語学習歴
メールアドレス
お問合せ内容

※うまく送信できない場合はメールアドレス「lianxi@liuxue998.com」からご連絡ください。

大学を選ぶ

留学手続きサポート