中国留学情報

変圧器は必要?

日本と中国では電圧が違います。
日本は100V、中国は220Vです。

ですので、日本の普通の家電製品を、
中国のコンセントに突っ込むと、
ボン!という音とともに壊れちゃいます。

はてさて、この問題を解決するために、
変圧器を持っていくべきなのでしょうか?


まずパソコン。
みなさんが使ってらっしゃるパソコンの、
ACアダプターを見てください。
電源コードの途中についている四角いやつです。

ウラになんかいろいろ書いてますよね。
その中に「100~240V」って書いてませんか?

これは100~240Vの電圧で使えるという意味です。
ACアダプターが変圧してくれますので、
変圧器を使わなくても中国でそのまま使えます。

厳密に言うと、アダプターは対応していますが、
電源コードは100V対応である場合が多いです。
なので使っている間に電源コードが熱くなる場合があります。

それが心配だという方は、
変圧器を通したほうが良いと思います。

私自身は今まで5つのメーカーのパソコンを、
中国で使ってきましたが、
変圧器なしで一度も問題は起こっていません。
なので、大丈夫と判断しています。

他にもデジカメとかMP3とか、
そういったAV系のものはほとんどがOKです。
ACアダプターのウラを見てみてください。


では、どんなものがアウトなのかというと、
いわゆる家事用家電です。
ドライヤーみたいなACアダプターの付いていないもの、
これらは変圧器が必要です。

でもね、ドライヤーとか中国で安いんです。
日本で変圧器を買うより、
中国でドライヤーを買ったほうが安いですよ。


もう一つ。
コンセントの問題を。

中国のコンセントは2種類あります。
1つは日本と同じ形のもの。
もう1つは3つ穴のものです。
写真はこちら→ 中国のコンセント

留学生寮の部屋にも、
この2種類のコンセント両方がついています。

コンセントが足りないときはどうすれば良いか?
大丈夫です。
3つ穴を2つ穴に変換する電源コードが、
大きなスーパーで安く売られています。


ということで、
ヨシノ的には変圧器は不要です~

→ 次へ:学費・寮費の支払い方は?
← 前へ:ネットは使えるの?
→ 中国留学ゼミナール 目次に戻る
→ 「中国留学情報」トップページへ

留学お手続き代行

中国語が話せない、手続きの仕方がよく分からない、大学に連絡が取れないといった方のために、「中国留学情報」では留学お手続きの代行を行っております。お手続きの流れ、費用についてはこちらのページをご参照ください。お手続きのお申込み、中国の大学についてのご質問などは下記メールフォームからお気軽にご連絡ください。

ご質問・お問合せ

中国留学や大学についてのご質問、留学お手続きのお申込みなど、下記メールフォームからお気軽にお問合せください。土日祝日も含め24時間いつでもご送信いただけます!

ご本名
ご職業
中国語レベル
中国語学習歴
メールアドレス
お問合せ内容

※うまく送信できない場合はメールアドレス「lianxi@liuxue998.com」からご連絡ください。

大学を選ぶ

留学手続きサポート