中国留学情報

歴史問題は?

日中の歴史認識問題。
例えば日中戦争とか、靖国参拝とか、
留学中にそういったことを中国人に聞かれるか?

実際問題としては極めて少ないです。
見ず知らずの人ならいざしらず、
互相学習の相手とか中国人の友達とか、
彼らもさすがに気を使いますからね。

じゃぁ、もし聞かれたらどうすれば良いか?

私は率直に語るべきだと思います。
自分の考えを率直に。

もちろんある程度の配慮は必要ですよ。
満州国が存続していたほうが良かった~!とか。
さすがにひんしゅくものですよね。笑

でも例えば、
「南京大虐殺があったかどうかはともかく、
30万人というのは疑わしい。」
とか。

別に遠慮せずに言って良いと思います。
私、言ってますし。
真摯に相手と議論すれば良いと思います。


むしろマズイのは、
「知らない」
「分からない」
「興味ない」

これ、絶対に良くないです。


前回も書きましたが、
中国人にとって日中戦争は過去の話ではありません。
まだ風化していない現在の問題です。

加害者と被害者では、
歴史が風化する速度が違うんです。

「でも、そんなぁ~」という方、
逆の立場で考えてみてください。

もし目の前にアメリカ人がいて、
広島と長崎の原爆投下についてどう思う?って聞いて、
「知らない」
「分からない」
「興味ない」
って言われたら、さすがにムッとくるでしょ?笑

中国人だって一緒ですよ。


戦争がまだ風化されていない国に行くんです。
そして中国語を学ぶということは、
風化されていない彼らとこれから付き合うということです。

ならば、この2つの国の間に何があったのか。
最低限の知識を仕入れ、
自分なりの考えを持つ。

それって相手に対する礼儀だと私は思います。

← 前へ:反日感情はあるの?
→ 中国留学ゼミナール 目次に戻る
→ 「中国留学情報」トップページへ

留学お手続き代行

中国語が話せない、手続きの仕方がよく分からない、大学に連絡が取れないといった方のために、「中国留学情報」では留学お手続きの代行を行っております。お手続きの流れ、費用についてはこちらのページをご参照ください。お手続きのお申込み、中国の大学についてのご質問などは下記メールフォームからお気軽にご連絡ください。

ご質問・お問合せ

中国留学や大学についてのご質問、留学お手続きのお申込みなど、下記メールフォームからお気軽にお問合せください。土日祝日も含め24時間いつでもご送信いただけます!

ご本名
ご職業
中国語レベル
中国語学習歴
メールアドレス
お問合せ内容

※うまく送信できない場合はメールアドレス「lianxi@liuxue998.com」からご連絡ください。

大学を選ぶ

留学手続きサポート