中国留学情報

湘潭大学

基本情報 留学生 授業とクラス カリキュラム 留学生寮 周辺施設 募集要項 写真 コメント
湘潭大学の写真

この大学のポイント

湘潭大学の基本情報

住所
湘潭市雨湖区
校内位置
留学生楼
事務所名
国際交流処
業務時間
08:00-12:00
14:30-17:30
立地特性
内陸/中都市/郊外
語学留学生のキャンパス
本キャンパス
語学留学生部門の規模
小規模校
留学生受入れ開始
1994年
空港出迎え(指定期間)
無料
空港出迎え(指定期間外)
無料
出迎えをする空港
長沙空港
直行便がある日本の都市
東京、大阪、名古屋

最終更新日:2008年05月03日

湘潭大学の地図

留学生の内訳

日本及び上位出身国の学生数

日本
2人
ガーナ
8人
アメリカ
6人
韓国
6人
赤道ギニア
3人
フランス
2人
語学留学生の総数
30人

留学生の出身地比率

東アジア
25%
東南アジア
西アジア
5%
ヨーロッパ
15%
アフリカ
35%
北米
20%
中南米
オセアニア

年齢構成

30歳以下
65%
31~40歳
25%
41~60歳
10%
61歳以上

2008年春学期実績

授業とクラス

授業時間など

1クラス平均人数
7.5人
レベル分け
3段階
1コマ時間数
45分
週あたり授業コマ数
16~22コマ
日本語学科の有無
有(同キャンパス)

クラス数

初級1
1
初級2
1
中級1
2

クラス数

初級1
1
初級2
1
中級1
2

2008年春学期実績

カリキュラム

初級1
総合
6
口語
4
聴力
4
漢字
2
初級2
総合
4
口語
4
聴力
4
閲読
4
中級1
総合
4
口語
4
視聴説
4
新聞講読
4
作文
2
HSK
2
中国文化
2

※「数」は1週間の授業コマ数

2008年春学期実績

選択科目

過去の開講例
なし

最終更新日:2007年01月10日

留学生寮

寮費と諸費用:留学生賓館

2人部屋1人
2,400元/月
2人部屋2人
1,350元/月
保証金
1,000元
水道
無料
電気
無料
ネット
無料
初回支払
1ヶ月分

寮の設備

机・椅子
クローゼット
テレビ
電話
エアコン
トイレ
シャワー
バスタブ
なし
コンロ
共用
電子レンジ
共用
冷蔵庫
洗濯機
共用

その他

学外での居住

※ 寮費は長期割引料金

寮費と諸費用:留学生公寓

1人部屋
約5,000元/年
2人部屋1人
約5,000元/年
2人部屋2人
約3,000元/年
保証金
1,000元
水道
実費
電気
実費
ネット
実費
初回支払
1ヶ月分

寮の設備

机・椅子
クローゼット
テレビ
電話
エアコン
トイレ
シャワー
バスタブ
なし
コンロ
共用
電子レンジ
共用
冷蔵庫
なし
洗濯機
なし

その他

学外での居住

※ 寮費は長期割引料金

最終更新日:2007年01月10日

周辺施設(直線距離)

銀行
校内
ATM
校内
郵便局
校門横
スターバックス
7.7km
マクドナルド
5.1km
KFC
5.1km
大型スーパー
4.6km
地下鉄最寄り駅
なし

最終更新日:2016年01月12日

留学募集要項

入学条件

学歴条件
なし
その他条件
健康である者

費用

1学期
1学年
申請料
400元
400元
授業料
7,000元
14,000元
1学期
1学年
教材費
実費
実費
その他
なし
なし

募集日程

年度・学期
08年秋学期
申請締切り
07月20日
入学手続き
08月26~27日
授業開始
08月28日
中間テスト
なし
期末テスト
01月
終了
01月
年度・学期
09年春学期
申請締切り
01月20日
入学手続き
02月28日-03月01日
授業開始
03月02日
中間テスト
なし
期末テスト
07月
終了
07月
海外保険

提出資料

入学申請書
パスポートコピー
卒業証明書
在学証明書
成績証明書
履歴書
健康診断書
その他

最終更新日:2008年05月03日

湘潭大学の写真

湘潭大学について

湘潭は湖南省の省都長沙市から南に1時間ほど離れた場所にある地方都市。中国建国の父、毛沢東主席の出身地として知られる。この大学の名刺やパンフレットなどに印刷されている毛筆の校名は毛主席直筆のもの。

大都会の喧騒とは無縁の静かな地方都市である。外国人はまったくと言っていいほどいない。湘潭市内で留学生を受け入れているのもこの大学だけ。中国のごくごく普通の田舎町で、中国人だけに囲まれた生活を送ることができる。

2006年秋学期は語言生が26人と少ない割りに3クラスを開設している。特に初級クラスは1クラス平均6人という少人数を実現。教師側も一人一人の学生に目が届くし、授業中の質問、発言機会も増える。日本人はほとんどいないので、中国語を使う機会が増えるというより、日本語を使う機会自体がない。この恵まれた環境のおかげで、過去には日本人留学生がゼロスタートで1年間在籍(実質10ヶ月)し、HSK7級に合格という実績があるとのこと。

学習サポートとして、大学側が互相学習の相手を紹介している。希望者に対して、対外漢語専業(外国人に中国語を教える教師を要請する学科)の学生を紹介してくれる。日本語学科もあるのでそこの学生を紹介してもらうことも可能である。

なお、留学生を担当する国際交流処は留学生寮の中にあるが、非常に分かりにくい場所にある。大学の裏山の裏にあり、留学に来たのかピクニックに来たのか分からないほど。中国語がある程度話せないと絶対にたどり着けない。長沙空港への出迎えは無料でお願いできるので、初学者は遠慮なく利用すべき。

留学生が少ないので教員との関係も密接になり、質問・相談もしやすい。外国人がほとんどいない中国のありのままの地方都市で、現地にドップリとつかった生活を過ごすのも良いだろう。街の中心部へは大学からバスで30分足らず。生活に特に不自由することはない。

最終更新日:2007年01月10日

留学お手続き代行

中国語が話せない、手続きの仕方がよく分からない、大学に連絡が取れないといった方のために、「中国留学情報」では留学お手続きの代行を行っております。お手続きの流れ、費用についてはこちらのページをご参照ください。お手続きのお申込み、中国留学ついてのご質問などは下記メールフォームからお気軽にご連絡ください。

ご質問・お問合せ

中国留学や大学についてのご質問、留学お手続きのお申込みなど、下記メールフォームからご連絡ください。なお、以下の点にご注意ください。

本科留学、大学院留学について

弊社は語学留学を専門に扱っており、本科留学については4年間かけて中国語を学び学位を取得する漢語本科についてのみ、留学お手続きの代行を行っております。→漢語本科留学について

経済や科学など専門科目を学ぶ専門本科、大学院留学については、お手続き代行、情報提供ともに行っておりませんのでご了承下さい。

なお、専門本科の授業はすべて中国語だけで行われます。ですので、専門科目の授業を聞き取れるだけの中国語力がないと専門本科に入学することはできません。

中国の大学への進学を希望する高校生が増えていますが、いま高校で受けているすべての授業が中国語で行われたらどうなるかをイメージすれば、中国語ができないと専門本科に入学できないことがご理解いただけると思います。

まずは語学留学をして本科の授業を受けられるだけの中国語を身に付けることをおすすめします。

シニアの方について

中国の大半の大学で年齢制限は60歳です。健康であることは必要最低限の条件ですので、健康をアピールしても年齢制限は変わりません。

このためシニアの方については、弊社と取り引きの長い大学、無理を言える親しい担当者がいる大学と交渉し、受け入れ可能となれば弊社で入学お手続きをさせていただくという形を取っております。

弊社で交渉可能な大学への留学をご希望の方は、下記メールフォームからご連絡ください。

大学の認定留学などについて

認定留学など在籍する日本の大学のプログラムを利用して中国の提携校に留学される方からご質問をいただくことがありますが、弊社では詳細が分かりませんのでお答えいたしかねます。ご了承下さい。

在籍する大学の学生課や留学担当部署などにお問い合わせください。

語学以外(芸術系、体育系など)の留学、中国国籍の方の留学について

弊社では留学お手続きの代行は行っておりません。あしからずご了承ください。

ご質問内容について

「中国に留学したいです。よろしくお願いします。」や「上海で語学留学を希望しています。ご回答お待ちしております。」といったご質問が非常に多いです。

何をお願いしてらっしゃるのか、何の回答が必要なのか、ご質問内容は具体的にお書きいただくようにお願いします。

ご本名
ご職業
中国語レベル
中国語学習歴
メールアドレス
お問合せ内容

※うまく送信できない場合はメールアドレス「lianxi@liuxue998.com」からご連絡ください。

大学を選ぶ

留学手続きサポート