中国留学情報

中国の治安

中国の治安のイメージ画像

中国は危険なのか?

多くの日本人が「中国=危険」だと思っています。中国に留学すると言ったら親に大反対されたという人も少なくありません。

では本当に中国は治安が悪いのでしょうか? データで検証してみましょう。

日本より治安は悪い

国際連合(国連)で不正薬物や犯罪についての対応、調査を行っている国連薬物犯罪事務所(United Nations Office on Drugs and Crime、UNODC)という組織があり、世界中の犯罪についての統計を毎年発表しています。

その統計で発表された、2012年の中国と日本の人口10万人あたりの殺人、強盗、強姦事件の発生件数は次の通りです。

殺人
強盗
強姦
中国
0.8
日本
0.3
2.9
1.0

残念ながら中国は殺人についてのデータしか公表していませんが、これを見る限り日本より治安が悪いということができます。

主要国も治安は悪い

それよりも注目して欲しいのは中国以外の国の犯罪発生率です。次の表は同じ国連薬物犯罪事務所の統計で発表された世界の主要国の犯罪発生率です。

殺人
強盗
強姦
アメリカ
4.7
111.8
26.8
カナダ
1.6
79.6
1.4
イギリス
1.0
115.2
28.9
フランス
1.2
193.7
17.0
ドイツ
1.0
58.8
9.7
オーストラリア
1.1
45.9
ニュージーランド
0.9
46.8
29.6
中国
0.8
日本
0.3
2.9
1.0

アメリカは銃社会ですしマスコミによる事件報道も多いですので、治安の悪さも予想は付きます。

しかし、イギリスやフランス、オーストラリアも殺人事件の発生率が日本の数倍だとみなさんは思っていたでしょうか。カナダやニュージーランドなどはむしろ日本と同様に安全だと良いイメージを持っていたのではないでしょうか?

ですが事実はそうではないのです。カナダもニュージーランドも殺人事件の発生率は日本の数倍です。カナダの強盗の発生率は日本の25倍以上、ニュージーランドの強姦の発生率は日本の30倍。決して日本と同様に治安の良い国ではないのです。

そして、中国の殺人の発生率はニュージーランドとほぼ同じです。ニュージーランドに留学に行くと言って、危ないからやめといたら?という日本人は皆無でしょう。なのに、中国に留学に行くと言ったら誰もが心配する。ナンセンスだと思いませんか?

日本人はマスコミを信じすぎ

みなさんが中国は治安が悪いと思う理由、原因は間違いなくマスコミ報道です。行ったこともない、住んだこともない国に対して、テレビや新聞でネガティブな報道が繰り返されると不安になるのも仕方ないでしょう。

ですがそれでもなお、日本人は無防備にマスコミ報道を信用しすぎです。テレビ局も新聞社も民間企業であり、報道は収益を上げるための企業活動であること。テレビ局員も新聞記者も会社員であり、大前提として会社の利益のために取材、報道を行っているという当たり前の事実をよく知るべきです。

世の中には数多くの事実があります。ですがマスコミがそれらの事実すべてを報道するわけではありません。マスコミが報道するのは数ある事実の中の、会社の収益につながる事実です。つまり、多くの事実の中から視聴率と販売部数のアップにつながる事実だけを選んで報道しているのです。

2012年に北京で起こった反日デモをマスコミは大きく報じました。2万人が参加したという報道は間違いなく事実です。ですが、2千万人の北京市民の内、残りの1,998万人はデモに参加しなかった。デモに参加したのは北京市民の0.1%だけだったというのも事実です。ですがこの事実をマスコミは一切報じていません。

なぜならば、「今日の北京は1千人に1人しかデモに参加せず、残りの999人はいつも通りの暮らしをした平和な北京でした」なんて報じたら誰もテレビを見ないからです。それよりも1千人の中のたった1人が日本大使館の前で日の丸を燃やしている写真を一面トップに載せたほうが新聞は売れるからです。

「中国=危険」と思い込んでいる方々には、自分がマスコミの商業主義にまんまと引っかかっていることに気付いていただきたいと思います。

日本並みに安全で、日本並みに危険

では、実際の中国の治安はどうなのかというと、日本より悪いのは事実です。ですが、普通に留学生活を過ごして危険な目に遭うというほど治安が悪いわけではありません。

もちろん中国は日本ではありません。世界でも異常なまでに治安が良い日本の外で暮らすわけですから、日本にいる時と同じようにノー天気で無防備に過ごすわけにはいきません。常にある程度の警戒心は必要です。

また、日本に比べてスリは非常に多いですので、後ろポケットに財布や携帯電話を入れて歩かない、リュックは背負うのではなく前で抱えるなど、最低限の対策は取るのが当然です。

ですがそういう警戒心を持った上で中国で普通に留学生活を過ごすのであれば、中国の治安は日本と大きくは異なりません。

ただしそれは、何も気にせず安心して暮らして良いという意味ではありません。深夜の盛り場の裏通りを若い女性が一人で歩いていると危ないのは東京も北京も同じです。普通に留学生活を過ごしている限り、「中国は日本並みに安全で、日本並みに危険」だと考えてください。

留学お手続き代行

中国語が話せない、手続きの仕方がよく分からない、大学に連絡が取れないといった方のために、「中国留学情報」では留学お手続きの代行を行っております。お手続きの流れ、費用についてはこちらのページをご参照ください。お手続きのお申込み、中国留学ついてのご質問などは下記メールフォームからお気軽にご連絡ください。

ご質問・お問合せ

中国留学や大学についてのご質問、留学お手続きのお申込みなど、下記メールフォームからご連絡ください。なお、以下の点にご注意ください。

本科留学、大学院留学について

弊社は語学留学を専門に扱っており、本科留学については4年間かけて中国語を学び学位を取得する漢語本科についてのみ、留学お手続きの代行を行っております。→漢語本科留学について

経済や科学など専門科目を学ぶ専門本科、大学院留学については、お手続き代行、情報提供ともに行っておりませんのでご了承下さい。

なお、専門本科の授業はすべて中国語だけで行われます。ですので、専門科目の授業を聞き取れるだけの中国語力がないと専門本科に入学することはできません。

中国の大学への進学を希望する高校生が増えていますが、いま高校で受けているすべての授業が中国語で行われたらどうなるかをイメージすれば、中国語ができないと専門本科に入学できないことがご理解いただけると思います。

まずは語学留学をして本科の授業を受けられるだけの中国語を身に付けることをおすすめします。

シニアの方について

中国の大半の大学で年齢制限は60歳です。健康であることは必要最低限の条件ですので、健康をアピールしても年齢制限は変わりません。

このためシニアの方については、弊社と取り引きの長い大学、無理を言える親しい担当者がいる大学と交渉し、受け入れ可能となれば弊社で入学お手続きをさせていただくという形を取っております。

弊社で交渉可能な大学への留学をご希望の方は、下記メールフォームからご連絡ください。

大学の認定留学などについて

認定留学など在籍する日本の大学のプログラムを利用して中国の提携校に留学される方からご質問をいただくことがありますが、弊社では詳細が分かりませんのでお答えいたしかねます。ご了承下さい。

在籍する大学の学生課や留学担当部署などにお問い合わせください。

語学以外(芸術系、体育系など)の留学、中国国籍の方の留学について

弊社では留学お手続きの代行は行っておりません。あしからずご了承ください。

ご質問内容について

「中国に留学したいです。よろしくお願いします。」や「上海で語学留学を希望しています。ご回答お待ちしております。」といったご質問が非常に多いです。

何をお願いしてらっしゃるのか、何の回答が必要なのか、ご質問内容は具体的にお書きいただくようにお願いします。

ご本名
ご職業
中国語レベル
中国語学習歴
メールアドレス
お問合せ内容

※うまく送信できない場合はメールアドレス「lianxi@liuxue998.com」からご連絡ください。

大学を選ぶ

留学手続きサポート